アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

顔にニキビやブツブツできてない?アトピーの人にお勧めのクレンジングの選び方

      2015/10/07

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s

今日はクレンジングの選び方という事で書いていこうかなと思います。

クレンジング勉強したきっかけは日焼け止め塗って洗顔で落ちなくてニキビできたり色々皮膚トラブルがあって勉強せざるをえなかった・・・。

クレンジングの基本は日焼け止めだろうがメイクだろうが全部同じです。

皮膚に乗った汚れをきっちり落とす事。これだけ守ってればまず大丈夫です。

クレンジングの記事という事でお化粧が出来るぐらいの軽度のアトピー、敏感肌の人向けに記事を書いていくよ。

 

Sponsored Link

 

なんでクレンジングでメイクを落とす必要があるの?

そもそもなんでクレンジングでメイクを落とさなきゃいけないの?って話からのスタート。

僕は男なんでメイクした事はありませんが日焼け止めをしてそのままクレンジングをせずに寝た日には肌がどえらい事になった経験があります。

メイクをクレンジングで落とさないと皮膚にメイクの成分が残ってそれがクレンジングをしない以上の皮膚トラブルの原因になるって事ですね。

クレンジングという行為は肌への摩擦だったりクレンジングに含まれる成分が刺激になったり少なからず肌への刺激になります。

またクレンジングが過剰だと皮脂を過剰に落としてしまって肌荒れの原因にもなります。

なのでクレンジングはできるだけしないほうがいいんですがメイクって成分が油の塊で肌への吸着率がとても高くて水では落ちないんです。

肌に一番優しいのは水洗顔ですがメイクは油の塊なので水洗顔では中々落ちません。水と油は混ざらないでしょう?

そこで登場するのが界面活性剤です。何かと悪者にされがちな界面活性剤ですが界面活性剤は水と油を混ぜる働きがあります。

2015y09m09d_022053343

http://www.xn--pckcx1s9ab9577exb4avu7a.biz/tukaikata/より引用

なのでクレンジングに含まれる界面活性剤がメイクの油分と混ざる。その後洗顔するとメイクの汚れとクレンジングがするんと落ちるという仕組みになってるんですねー。

メイクをほっておくと酸化した油(過酸化脂質)が皮脂や汗と交じり合って毛穴をふさいだり皮脂の過剰分泌を起こしたりといった皮膚トラブルの原因になります。

Sponsored Link

間違ったクレンジングを続けるとアトピーと脂漏性皮膚炎を併発する

女性のアトピーで顔だけ酷いという人はクレンジングが悪いか日々のスキンケアが悪い可能性のが高いです。

スキンケアもクレンジングも普通は毎日するので毎日することが間違っていると皮膚へのダメージが蓄積されていき皮膚トラブルが多発します。

最初は肌荒れやちょっとしたニキビだったのがどんどん酷くなっていき最終的には脂漏性皮膚炎を発症します。

皮脂中に含まれるトリグリセリドが、真菌(主に癜風菌というマラセチア属真菌)によって分解されて遊離脂肪酸が生じるが、それが皮膚を刺激して接触性皮膚炎を生じるのが一番の原因と考えられている。

また、HIV感染の初期症状として発症する事がある。それは、免疫によって増殖が抑制されていた真菌類が、HIV増加に伴う免疫機能の低下によって増殖の抑制が出来なくなり、皮膚が大量の真菌に侵された結果であると考えられる。この他、皮脂中の過酸化脂質により刺激、ビタミン欠乏(B2・B6)・アルコール依存・ストレス・糖尿病・肝疾患が挙げられるが、原因が多岐にわたるため分からないことが多い。

また、外見的に清潔感を欠くことや、真菌=カビとのイメージから、患者当人の生活環境の清潔さに原因があるかのような誤解を招きやすいが、医学的には何らの関連も無い。

 

2015y09m09d_023857436

 

http://xn--oyyy6u.seesaa.net/index-2.htmlより引用

上の画像は比較的重い脂漏性皮膚炎です。脂漏性皮膚炎を凄い簡単に説明すると皮脂の過剰分泌により起きる皮膚トラブルの一種です。

2015y09m09d_034307495

http://verute.jugem.jp/?eid=424より引用

写真でみるとわかる通り脂漏性皮膚炎はアトピーと非常によく似ている病気なんですがアトピーが軽度の人は脂漏性皮膚炎を発症しやすいです。

アトピーの人は皮脂の分泌が少ないですがある特定の条件がそろうと常人に比べて皮脂の過剰分泌が始まります。それを放置すると脂漏性皮膚炎一直線です。

その条件というのが皮膚の保湿成分の不足とメイクの残留成分です。いずれも間違ったクレンジングやスキンケアによって引き起こされます。

皮膚の保湿成分が不足すると皮脂が過剰分泌される

そもそも皮膚の保湿が大事というのはアトピーの人なら誰でも知っていると思うんだけどどの成分を保湿すればいいのかというのは多分皆知らないと思う。

多分適当にそこらへんの保湿剤を買うとか病院で処方される保湿剤を使ってる人多いと思うのよね。

2015y09m09d_153657358

http://www.silkys4.com/kenhada.htmより引用

 

3つの保湿成分は天然保湿因子、セラミド(細胞間脂質)、皮脂この3つです。

この中で一番バリア機能として重要なのがセラミドで皮脂のバリア機能というのは10~20%に過ぎないと言われています。

一説には2%なんて話もありますが皮脂は皮膚のバリア機能の強化に余り役に立ってないと言うか貢献していないという事だけ頭に入れておけばいいと思います。

じゃあどれが重要やねんって事なんだけど皮膚のバリア機能にはセラミドが超重要で悲しい事にアトピー患者は特にセラミドが不足していると言われています。

まずセラミドの元となるフィラグリンが炎症を起こしているアトピー患者では不足しているというのが一つ。

もう一つはフィラグリンの遺伝子が欠損していてフィラグリンを上手く作れないタイプもいます(僕がこれ)

2014y11m30d_125549199

http://ameblo.jp/thinkmacgyver/day-20111209.htmlより引用

こんな感じでフィラグリンがスカスカでセラミドの元がスカスカなわけですからセラミドも作られません。

2015y04m08d_042900981

健常者と比べたグラフを見てもアトピーの人は慢性的にセラミドが不足している。

 

セラミドが不足するとどうなるのかというと皮膚が乾燥してガッサガッサになっちゃうわけです。

皮膚というのは体を守るために非常に重要な働きをしているので皮膚がガサガサだと様々なウイルスや黴菌等の感染症に弱くなるために緊急の応急処置を取ります。

一番ベストなのはセラミドを内部から作ってあげる事ですがセラミドは皮膚の生まれ変りと同時に作られるのでどう頑張ってもは1~2週間は絶対にかかります。

皮膚の生まれ変りは20代で1ヶ月。皮膚が新品に生まれ変わるまで2週間。更にそこから2週間かけて皮膚の表面までまであがってきます。

2015y09m12d_190051256

 

http://hadalove.jp/turn-over-612より引用

それを待っている余裕は皮膚にはないので応急処置として1~2時間で出せる皮脂を過剰分泌して皮膚のバリア機能を高めるわけです。

ここでセラミドを外部から補給してあげるスキンケアや皮膚をいたわるクレンジングができれば皮膚トラブルは収まります。

セラミドを外部から塗ってあげない。クレンジングで皮脂はともかく回復に時間のかかるセラミド等の保湿成分もごっそり洗い流してしまうなどが続くと・・・

2015y09m09d_034307495

http://verute.jugem.jp/?eid=424より引用

こーいうお肌になっちゃうってわけです。こうならないように毎日のスキンケアとクレンジングをしっかりしましょうねって事。

 

クレンジング剤の選び方

僕が最も戸惑ったのがこれ。僕の場合は日焼け止め落とすのにどのクレンジング使えばいいの?クレンジングの種類多すぎ。わからん・・・

多分僕と同じような悩みを持っている人は相当多いはずで自分がしているメイクをどのクレンジングで落とせばいいの?

強すぎると肌の刺激になっちゃて純粋に痛いしでも弱すぎる皮膚にメイクが残ってどえらい事になるし・・・みたいな。

大雑把に分けると僕が使ったクレンジングの種類はミルク(乳液)、クリーム、ジェル、オイルの4つかな。石鹸も含めると5つ。

僕はこの中から選んで色々とクレンジングしてたわけですが自分の肌にあった自分でクレンジングするって相当難易度高いと思うのよね。

人体実験みたいな感じでこれは洗浄力が強いとか弱いとか色々試してました。当時はまだネットでそういう情報もなかったですし。

オイルはわかるけどリキッドって何?みたいな知識のレベルでした。

2015y09m07d_150023481

http://hadalove.jp/cleansing-3338より引用

こんだけ種類があるんですよね。クレンジングの種類多すぎてわけがわからん。

抑えるべきポイントはたった一つ。それは含まれているで見るって事です。

シャンプーは界面活性剤の良し悪しで大体製品の刺激性が決まりますがクレンジングは油で決まります。

界面活性剤は殆ど入ってると思いますし入っていない奴はメイクを落とせなくて皮膚トラブルを起こすので買わないほうがいいです。

界面活性剤というとどうしても悪の側面が強いですが界面活性剤の種類によっても全然違います。

例えばシャンプーで使われる界面活性剤は洗浄を第一目的としているため洗浄力が高いです。その為アトピーで炎症のある頭皮だと刺激が強すぎるんですよね。

一方でクレンジングに含まれる界面活性剤は油と水を混ぜるために配合されているってのがポイント。その為刺激はあまり高くありません。

クレンジングを選ぶときは油で選べ

って事でクレンジングを選ぶ際はどんな油が使われてるのかで選ぼうぜって事なんですが油にも3種類あって油脂、精油、鉱物油の中から目的に合わせて選ばなきゃなりません。

まず一番クレンジングでよく使われる鉱物油の説明から。鉱物油はアトピーではワセリンとかが有名かな。

他にもミネラルオイルやシリコーンオイル等色々種類がありますがようするに石油から出来た油と言う認識でOKです。

価格は安価かつ大量生産可能なので安いクレンジング(2000円以下)だと大体これが使われてます。

これらの鉱物油の特徴としてはアレルギー反応を非常に起こしにくいというのが特徴の一つ。ここは大きなメリット。

ただ安価なものだと皮膚刺激性のある成分が他に入っている事も多いのでできるだけ高いものを選ぶと皮膚への刺激性やアレルギーも起こりにくくなります。

アレルギーを起こしにくいのも特徴の一つですがワセリンは薬を混ぜる際のベースになるぐらい油を溶かしやすいです。

つまり油と溶けやすいのでメイクのシリコーンと混ざりやすくメイクがすごく落ちやすいってのもメリットです。

がしかし一つ大きな欠点がありまして皮膚への吸着性が高いって事が大きなデメリット。

ワセリンとか水洗いじゃ全然落ちないでしょう?油の中でも鉱物油は最も水になじみにくく油に引っ付きやすいです(人の皮膚は油。皮膚に水をたらすとはじくのがその証拠。)

つまりメイクは落ちるんだけどクレンジングをすると今度はクレンジングの成分が皮膚に残ってしまってそのクレンジングを落とすために洗顔をするという二度手間になる。

鉱物油ベースの物は巷で言うW洗顔必須なタイプが多いです。クレンジングの後に石鹸で洗顔とかね。

クレンジングした上に更に洗顔するとごっそり皮脂とセラミド等の保湿成分も超落ちるのでいくらアレルギーが起きないといっても鉱物油ベースのクレンジングは正直お勧めできない。

アレルギーが起きなくても皮膚の保湿成分落とすとアトピー酷くなっちゃって元も子もないからね。

特にW洗顔は何回も皮膚をこするのでアトピーの人がやると翌日皮膚がガサガサになるので絶対にやらないで下さい。

僕はW洗顔して翌日皮膚がガッサガッサになりました・・・・。

油脂ベースのクレンジングは高い物ならお勧めできる

油脂というのは動物性や植物性の油の事です。アトピーにいい事で有名な馬油、オリーブオイル等もここに入ります

他にも椿油やヤシ油、パーム油、ココナッツ油等など・・アトピーだとあーなんか効いたことがあるという人が多いんじゃないだろうか。

油脂ベースのクレンジングの特徴としては鉱物油ほど皮膚への吸着性もそれほどないので水で落ちやすくW洗顔不要と言うタイプが多いです。

馬油とかホホバオイルとかを保湿剤で使ってる人は分かると思うんだけど水洗いで落ちます(べったりつけてるのは落ちない)

まーつまりアトピーの人や敏感肌の人がメイクのクレンジングに使うなら基本的にこっちになります。

デメリットは鉱物油より遥かに酸化しやすい事があげられます。もちろん酸化しにくい油もありますが基本的に酸化しやすいです。

油脂が酸化するとどういう事が起きるのかと言うと・・・・

油脂が酸化を受けると遊離脂肪酸が増えてそれが皮膚に対して刺激になります。

2015y09m13d_032237127

http://usuge-nukege-taisaku.com/touhi-kasabutaより引用

これは脂漏性皮膚炎になる原因を書いた図なんですが遊離脂肪酸が過酸化脂質になりそれが脂漏性皮膚炎の原因になります。

つまりクレンジングで酸化しやすい油を使うと皮膚トラブルが絶対に起きるって事です。つまり酸化しない油を使ってクレンジングしましょうねって事です。

ちなみに酸化しにくい油は天然のビタミンCやEを含んだ油です。ビタミンCやEは酸化防止剤によく使われます。

グレープシードオイルやアボカドオイルや米ぬかオイルやホホバオイル等が酸化しにくい油という事でこれらの油脂がメインのクレンジングがアトピーの人には一番向いてます。

ただしこれらのオイルガベースなのは値段自体はとても高いです。もちろん皮膚に優しくクレンジング剤のベースとしては最高です。

アトピーの人へのお勧めするクレンジング

恐らくですが自分の肌に合ったクレンジングをできている人は殆どいないと思う。僕も散々失敗しまくったからね。

アトピーの人は肌に優しいクレンジングを探していると思うんですが結局それやっちゃうと洗浄力が弱すぎてメイクの成分が皮膚に残って余計皮膚トラブルになるんですよね。

ですのでクレンジングをする以上ある一定以上の洗浄力というのは絶対必要になります。

かといって洗浄力が強すぎると今度はセラミド含む保湿成分までごっそり落としちゃうし・・・みたいになります。

ある程度洗浄があって保湿成分を皮膚にも遺す優しいクレンジングというのが僕が使っている ラミナーゼのクレンジングバーム です。

クレンジングに正解とかはないですが適当にクレンジング使ってる人はこれを使ってみてください。色んなクレンジング使いましたがこれに落ち着いてます。

この商品の最大の特徴としてはラメラ構造でクレンジングの汚れを綺麗に落とす&美容成分を浸透という点が上げられます。

2015y09m14d_150210307

http://www.hifuken.com/cleansing/より引用

僕の場合は日焼け止めだったんですが日焼け止めを塗ってから5時間後にクレンジングをするのと12時間後にクレンジングするのだと明らかに落ちにくなるし翌日の皮膚の乾燥度合いが違うんですよね。

これは日焼け止めに限らずメイクでも同様で時間がたてばたつにつれ皮脂や汗等の汚れが出てきてそれが顔に強力に引っ付きます。

もちろん汚れはそれだけじゃなく家の中のダニや外に出る場合は花粉も付くのでクレンジングには汚れをゼロに出来る洗浄力が必要です。

でラメラ構造だとどうなるの?って事なんですがラメラ構造自体が人の肌の構造をしているので汚れが非常に落ちやすいです。

特にメイクや日焼け止めを長時間放置した場合毛穴に汚れがたまるんですがそれが中々落ちにくい。

それがラメラ構造だと人の肌の構造をしているので毛穴の汚れも取る事が非常に容易です。

顔の表面のメイクならぶっちゃけどんなクレンジングでも取れますが毛穴の中に残った汚れまで綺麗に取れるってのは中々ないです。

僕はこれ使ってから日焼け止めを塗ることによるニキビがなくなりましたからね。

でもう一つ。ラメラ構造の化粧品は人の肌の構造をしているのでなじみやすく通常の化粧品より角質層に浸透しやすいです。

クレンジングだと必ずお湯で洗うので通常のクレンジングなら美容成分が浸透せずに流れてしまいます。

ラメラ構造を使ったクレンジングなら皮膚にクレンジングをおいているときに美容成分が浸透するのでお湯で流すときには皮膚がしっとりしてます。

いくら説明してもうそ臭くなっちゃうのでぶっちゃけ体感してもらうのが一番いいんじゃないかと。

使用感は口コミ見てもらえば分かりますがクレンジングなのにクレンジングじゃないような不思議な感じです。

洗い上がりはしっとりします。このしっとり感が苦手な人もいますがアトピーの人ならこのしっとり感がちょうどいいはずです、

デメリットは香料が入っていてアレルギーを起こす可能性があること。香料に反応する人は使わないで下さい。

もう一つのデメリットは値段が高い事ですが毎日メイクする人はクレンジングの値段をケチってはいけません!

日焼け止め塗ってクレンジングけちってニキビやぶつぶつで悩んだ僕が言うんだから間違いない。クレンジングに金かけない人は皮膚トラブル起きます。まじで。

アトピーだと何かと出費がかさみますが皮膚に付けるものでシャンプーとクレンジングだけは金をケチっちゃ駄目というのが僕の持論です。

 

例えば保湿クリームや化粧水は高い物=いい商品ではない物も多いし実際安い商品でいいものもある。

でもクレンジングとシャンプーは主成分=何が使われているかで値段が決まっちゃうので安い商品は皮膚刺激性が高い商品しかないです。

それを使い続けると結局皮膚がボロボロになって病院行かなきゃならんし高い化粧品を使わなきゃ駄目だしというループにかかるのでお金を掛けるべきところはお金かけましょう。

今まで安いクレンジング使ってる人は一回高いクレンジング使ってみてください。皮膚刺激が全然違ってくるし翌日の乾燥度合いも全然違います。

僕が使っているラミナーゼのモイストクレンジングパームですが今なら初めての方向けにキャンペーンもしるみたいですし、気になる方は試しに使ってもらえればいいかなぁと思います。

 - クレンジング

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

関連記事はありませんでした