アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

管理人の自己紹介とか

      2015/10/08

そーいえば書いてなかったなぁ。と思ってまぁ誰が書いてるかわからんとどうしてもアトピービジネスっぽく感じちゃうのはあるよね。

僕の名前はそぼといいます。生まれた頃からのアトピーで重症化したのは中学2年生の頃そこから6年間重傷で20歳の頃にアトピーを治そうと猛勉強して病院を変えて治りました。

いかにも胡散臭いプロフィールだけど端的に言っちゃうとこうなるのよね。ステロイド、プロトピックを使い始めて7年目。特にアトピーで悩むこともなく順調に生活を送っています。

得意分野は悪化因子探しと薬の使い方。嫌いなものはヤブ医者。自慢ですがそこらへんのヤブ医者より遥かにアトピーのことには自信がある。

僕は重傷のアトピーを治した経験もあるしあらゆる民間療法もやったからね。医者って皮膚と薬意外の事はあんまり知らない。

このブログは僕が再度悪化したときに対処するためのチラシの裏みたいなもんです。

なので自分の為にブログを書いてます。読者さんの為に記事を書いたりはしますがあくまで自分優先。

 医者に依存してはいけない

アトピー治療で一番大事なこと。このブログの目的は医者に依存せずに自分で治す知識を身につけること。医者を頼らないというわけではない。あくまで補助だ。

僕はヤブ医者にかかり不適切な治療で6年間貴重な清純時代を無駄にした。アトピーに無知であれば医者がヤブか判断できない。ヤブにかかれば多くの時間を無駄にする。

どう考えても医者に過失があるがそれが今は許される時代だ。だからこそ自分で知識をつけしっかり自衛せねばならない。

医者に依存せずに常に考える患者であれ。

 

治療法の押し付け禁止

治療法のおしつけをしない。アトピーが治った人あるいは親切な人やアトピー治療をしている医者にありがちですが自分や他人に効果があった、あるいは治った治療法を他人に勧めるということがしばしばあります。

これは善意なんだろうけどそこらへんの近所のおばちゃんにいわれようがアトピー患者に言われようがどうしてもうざいなぁ。ほっておいてくれないかなぁ。というような感情が闘病中の僕自身あった。

これはアトピーあるあるだと思うのでこのブログを書く際はそういう治療法のおしつけをしないようにできるだけ気をつけて書いています。

おしつけをしないような形でその人に今必要な情報を提供するというようなブログにしていけたらなぁと思います。

まーでも完璧に難しいしどーしても主観が混じっちゃうからね。どこからが押し付けになるとか人によっても全然違うしね。

よくアトピー治療でこれは正しいこれはいけない。とか議論がされます。代表的なものがステロイドとかプロトピックとかですね。僕はそーいうのにあまり興味がない。

仮にステロイドやプロトピックが正しいとか危険だとかわかったとしてもその人の現状は変わらない。未来の人は変わるかも知れんけどね。

仮にそういうのが判明したとしてもアトピーの人って治療法変えないと思うんですよね。アトピーの人ってすげぇ頑固な人多いし完璧主義だし。僕もその一人ですし。

まぁそんな議論をしている暇があるならその人にあった情報を提供するほうがいいかなと思います。

その人に合った必要な情報を提供する

具体例を言うと脱ステ中の人にステロイドは正しいしきちんと使えば怖くないよ。というような記事を書いてもなーんも意味ないなぁと僕自身は思うわけです。

脱ステしてる人が欲しい情報というのはリバウンドはいつ終わるのかとかいつ脱ステは終わるのか。とか細菌感染にはどう対処すればいいのかとか脱ステする際に起こる疑問や悩みを解決する記事を読みたいんじゃないかなぁ。

一方で標準治療をしている人にとっては抗アレルギー剤の正しい使い方やステロイドやプロトピックの使い方というのは参考になるかと思います。僕自身実際使ってるからそこらへんは得意です。

まぁ後は顔だけ酷いから改善したいとか色素沈着に悩んでいるから改善したいとかこれ本当にアトピーなんだろうか?とかそういう具体的な悩みを解決するような記事も書きます。

 

僕の治療方針

こっからは押し付けになっちゃいます。嫌な人は見ないほうがいいかも。

僕は「皮膚」に関するアプローチを書きます。理由はシンプルで一番分かりやすいから。だってアトピー治った人って皮膚つるつるだけど治っていない人って皮膚ガサガサだからね。

どうみても皮膚の病気なのは明らかだと思う。ネットでは体の中を改善する体質改善(腸内改善とか食べ物にきをつけるとか。)とか流行ってるけど僕はぴんっとこない。

だってアトピーの人でも腸内は綺麗な人はいるし食べ物適当でもあんまり変わらん人もいる。でも皮膚は上で書いたように例外がない。だから皮膚の病気だと僕は思ってる。

それを軸に頑張ってる人はこの記事読むと気分が悪くなると思うけどね。といっても例外ももちろんある。内的疾患でアトピーが酷くなるとかあるけどそういうのは案外少ない。

そういう人にはもちろんそういう人向けの記事を書きます。明らかに害しかないものは徹底的に否定するけどね。根拠のない好転反応とか糞だと思ってるし。

 

以上自己紹介終わり!何か聞きたいことがあればsobohappy@gmail.comまで。アトピーのことならなんでもどうぞ。特に皮膚に関する事やアトピーで使う薬の質問が得意分野。

 - 日記

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
ブログの記事のネタを募集します

最近記事の更新が滞っているのは記事のネタがないためです。なので読者さんからネタを …

6425a3c246e2cce50b3a62e2a4fa0420_s
2015年1の皮膚の状態(ステロイド使用8年)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 皮膚の状態の写真は …