アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるタリオンの効果と副作用についてまとめてみた

      2016/02/19

2014y10m29d_183110750

今日のテーマはタリオン。タリオンの成分名はベポタスチンベシル酸塩と言います。タリオンだけ読みたい人は前半は読み飛ばすのが吉。

この記事はアトピー患者兼重症の花粉症である僕がそういえば病院で飲み薬について一切説明されていないな・・・とふと思ったことからその疑問についてまとめた記事になってます。

タリオンだけ読みたい人は前半は読み飛ばすのが吉。なんで人によって効き目が違うのか?薬によってどんな違いがあるのか?

眠気が半端ないんだけど?市販の薬が効かないんだけど?等誰もが一度は疑問に思ったことをできるだけわかりやすくまとめてみました。

タリオンは花粉症の薬の中では鼻づまりによく効くのが特徴。鼻づまりによく効くのはタリオンとジルテック(ザイザル)のみ。

加えて即効性もあり鼻炎にもそこそこ効くので鼻炎が軽い人手鼻づまりの人はタリオンを使い鼻炎の重い人はジルテック(ザイザル)を使えばいいんじゃないだろうか

そしてもう一つの薬の特徴は薬の効果時間が短い事。飲んでも2時間程度しか効果が持たない。これは薬の副作用が短くなるというメリットとして捉えることもできる。

さてタリオンの特徴にさらっと触れたところで抗ヒスタミン剤の基本であるヒスタミンとはなんぞや?というところから書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

目次

ヒスタミンってなんやねん

2014y10m28d_092041629

http://kenkyu.wakasa.jp/hitomi/sickness/hay-fever.phpより引用

一言で言うと様々なアレルギー反応を起こす化学物質のうちのひとつ。

もっと詳しく説明するとヒスタミンというのは肥満細胞に蓄えられている細胞の一つです。

その肥満細胞は体中の至るところに散らばっていて脳をはじめとして色んな重要なところに配備されています。

このヒスタミンですが主な働きは集中力を高める、眠気を抑える、食欲を抑えるといった体にとって非常に重要な働きを担っています

なにかと悪者扱いされがちなヒスタミンなんだけど体に必要なとても重要な働きをしています。

ヒスタミンは凄い奴なんですけど負の側面もあって体内に異物が入ってきたときに肥満細胞から大量に放出されます。

このヒスタミンが大量放出されて他の細胞とくっついたときに結果としてその部位によって様々な反応が起きる。

ヒスタミンの過剰分泌、これがアレルギー反応と呼ばれているものです。

異物が入ってきたのが鼻ならばヒスタミンの過剰分泌の結果くしゃみがでる、鼻がむずむずするといった症状を出すこれが「アレルギー性鼻炎(花粉症)」と呼ばれているものです。

異物が入ってきたのが皮膚からならヒスタミンの過剰分泌の結果、その異物をスムーズに追い出すために血管が膨張し「その異物をひっかいてとりのぞけ」という脳からの命令が出ます。

これが「痒み」であり「蕁麻疹」と呼ばれているものです。

異物が入ってきたのがヒスタミンの過剰分泌の結果気管ならば息苦しくなったり、セキが止まらなくなったりする。これが「喘息」。といった症状を引き起こします。

これらはいずれもヒスタミンが他の細胞とくっついたときに起こるということです。

ヒスタミンが他の細胞とくっついておこるんだからヒスタミンそのものを抑える薬やヒスタミンが他の細胞とくっついたりしないような薬があれば解決するんじゃね?

というような目的で作られたのだが抗ヒスタミン剤だったり抗アレルギー剤だったり呼ばれるものです。

当然ですがヒスタミンの分泌を抑えたり他の細胞とくっついてアレルギー反応を抑えたりする薬でアレルギーを根本的に治す薬ではないのでそこのところ勘違いしないように

 

Sponsored Link

抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤の違い

 

以前は抗アレルギー剤というくくりはなくて全部抗ヒスタミン剤と呼ばれていました。

さて上で書いた通りヒスタミンを抑えるのが抗ヒスタミン剤の役割です。

ヒスタミンというのは負の働きばかりが強調されているんだけど当然ながら正の働きもある。そうでないとなんで体の中にあるんだって話だからね。

正の働きとは集中力を高める、眠気を抑える、食欲を抑えるといったものです。当然ヒスタミンを薬で抑えるということは集中力の低下、眠気の増大、食欲増進を引き起こします

抗ヒスタミン剤は1950年~1970年にかけて発売された薬で優れた抗ヒスタミンの効力を示した。

これを今では第一世代ヒスタミン薬と呼んでいます。花粉症や蕁麻疹や喘息で苦しむといった患者をたくさん救ってきたわけ。

ところがその当事はまだ医療も発展していなくて効果も凄いが副作用もすごかった。ようするに薬の効き目の調整ができなかったってことなんだよね。

そのひとつが眠気がすごいというもの。抗ヒスタミン剤を飲むとなんとウイスキー3本分の眠気が出ることが試験の結果分かっている。

更に集中力の低下も問題となって仕事の単純ミスや試験の結果が落ちるという問題もあった。薬の副作用のせいで日常生活に支障が出る人もいたわけ。

そして何より個人差がでかい。劇的に効くという人もいれば飲んでも全然効かずに副作用だけが出る人もいた。

こりゃいかんという事でそれを解消したのが第2世代ヒスタミン薬と呼ばれるもの。別名で抗アレルギー剤。

効果を多少マイルドにして日常生活に支障が出ない範囲に副作用を抑えることに成功したお薬です。

皆さんが今飲んでいる花粉症やらアトピーの薬の殆どが抗アレルギー剤です。ちなみに抗アレルギー剤という名称があるのは日本だけです。海外では通じません。

 

 

抗ヒスタミン剤の種類

じゃあ薬にはどんな種類があるのかというところなんですがヒスタミンを抑えるにしても効果重視のタイプだったり副作用の眠気を少なくしたものだったりそこで薬の使い分けをするポイントとなっています。

普通お薬というのは強さで区切られているイメージが強いですが抗ヒスタミン剤の強さというよりは働きで区別されています。じゃ早速書いていきますよー。

 

第一世代抗ヒスタミン薬

上でかいたように効果もでかいが副作用もでかい。一般的な特徴として薬価が安い。飲むとすぐ効くのが特徴。喘息、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎に主に処方される。

飲むとすぐ効くというのは自覚症状の話。どんな抗ヒスタミン薬でも理論上は1日目には効果が出る。

ただし効果がいまひとつなので人にはさっぱりわからない。あーこの薬ようやく効いてきたなーという自覚症状がでるのが第1世代ヒスタミン薬の場合比較的速く2~3日ぐらい。

比較として第2世代ヒスタミンは効果を自覚するまで最低1~2週間(個人差あり)はかかるといわれている。

要するに即効性があるということ。その代わりすげぇ眠いしすげぇ頭がぼーっとする。

そして何より個人差がでかい。飲んですごい効くという人もいるし全然効かないという人も多い。

すごく重要なことなんだけどどんな薬でも効果と副作用の大きさは比例しない。副作用が出ているからといって薬が効いているというわけではないので注意

花粉が予想より早く来て抗アレルギー剤の予防が間に合わなかったというときに飲んだりすることもあるし急に強い鼻炎に襲われたときにとっさに服用することもある。

一般的に蕁麻疹には第2世代ヒスタミンよりこちらのほうがよく効くといわれている。というのも第一世代の薬には抗コリン作用と呼ばれるアセチルコリンという神経物質の分泌を阻害する働きが加えられているからだ。

このアセチルコリンが蕁麻疹には密接にかかわっていてその分泌を抑えることにより蕁麻疹が改善されることが多い。

第2世代ヒスタミン薬では抗コリン作用は削られているかもしくは弱くなっている。これは抗コリン作用の副作用が中枢系神経系(脳や消火器)に作用し眠気や倦怠感といったものにかかわってくるからだと思われる。ようするに得られるメリットに対しデメリットがでかいから削られたということだと思う。

今では抗ヒスタミン剤は一部の限定された用途以外には殆ど使われませんが副作用を逆手にとって使われることはあります。例えば副作用の眠気がすごいというのは日常生活を送る上ではマイナスですが不眠で苦しんでいる人やアトピーの痒みで眠れない人にとってはプラスと捉えることも出来ます。

うまく使うことが必要なんだけど僕は今までこの手の薬に関して説明されたことはないし今の皮膚科医にうまく使いこなせるスキルがあるとはとても思えない。耳鼻科なら多少ましになるんだろうけど。

 

第一世代功ヒスタミン薬の主な薬

()内は成分名です。

レスタミンコーワA(タンニン酸ジフェンヒドラミン)、ペリアクチン(塩酸シプロヘプタジン)

アタラックス(塩酸ヒドロキシジン)、アタラックス-P(パモ酸ヒドロキシジン)

ホモクロミン(塩酸ホモクロルシクリジン)ピレチア細粒(メチレンジサリチル酸プロメタジン)

ピレチア錠(塩酸プロメタジン)、アリメジン(酒石酸アリメマジン)

ベネン(塩酸トリプロリジン)、セレスタミン(d-マレイン酸クロルフェニラミン)

ネオレスタミンコーワ(d-マレイン酸クロルフェニラミン)、プロダミン(マレイン酸クロルフェニラミン)

ベナ(塩酸ジフェンヒドラミン)、プロコン散(テオクル酸ジフェニルピラリン)、タベジール(フマル酸クレマスチン)等がある。

一番有名なのはセレスタミンだろうか。セレスタミンはステロイドが入っているので当然のことながらすごい効く。副作用も半端無いから短期間しか処方されない。ヤブは平気で出してくるけど。

第二世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー剤)

第一世代の効果をマイルドにして副作用を減らした薬。具体的に言うと眠気が少なくなる。

抗コリン作用が少ないために消化器系への負担がやさしい。ただし薬価は高い。

効果が出るまで時間がかかる。最低1~2週間だけど花粉症対策に使うなら1ヶ月ぐらいはみておいたほうがいい。

喘息や蕁麻疹やアレルギー性鼻炎に幅広く用いられる。鼻炎でも鼻づまりには効きにくいらしい。

抗ヒスタミン作用に+αされているものが多いのでアトピーで使うならまずこの薬だが服用すると劇的に治るというわけではなくあくまで痒みを和らげる補助的な役割にとどまる。

第二世代抗ヒスタミン薬の主な薬

()内は成分名

ザジテン(フマル酸ケトチフェン)、 アゼプチン、(アゼラスチン)、セルテクト、(オキサトミド)、

ゼスラン(メキタジン)、 ダレン(フマル酸エメダスチン)、ニポラジン(メキタジン)等

 

更にここから色々と見解が分かれているが第2世代の中を更に細かくわけたものに第3世代ヒスタミン薬と呼ばれているものもある。

第2世代ヒスタミン薬を更に改良したもので優れているもの。より眠気が出にくくなるタイプや1日1回で服用が充分なものなどがこれに当たるらしい。

「らしい」というのはサイトによって呼ばれていたり呼ばれていなかったりして僕にもよく分からない。とはいえ第2世代より優れているものが多いので一応区分けしてみた。こちらを使っている人が多いのではなかろうか。

第三世代抗ヒスタミン薬の主な薬

アレグラ(フェキソフェナジン)、 アレジオン(エピナスチン)、アレロック(オロパタジン )

クラリチン(ロラタジン)、 エバステル(エバスチン)、 タリオン(ベシル酸ベポタスチン)

ジルテック(セチリジン)、 ザイザル(レボセチリジン塩酸塩)

 

 ケミカルメディエター遊離阻止薬

抗ヒスタミン作用の無い飲み薬です。主に花粉、喘息等に主に処方される。アトピー、蕁麻疹には効果ほぼなし。

ヒスタミンは他の細胞とくっついてアレルギー反応を起こすんですが抗ヒスタミン剤はヒスタミンそのものを減らしアレルギー反応を和らげるといった働きをするのに対してこちらは他の細胞とくっつくのを防ぐという点でアレルギー反応を抑えるといった点に特化しています。

その為体内のヒスタミンを減らさずにアレルギー反応を抑えることが出来るため眠気をはじめとした副作用が少なくなるのが特徴かつメリット。

抗ヒスタミン薬はヒスタミンそのものを抑えるため眠気をはじめとする様々な副作用が出ることが多い。

デメリットは当然のことながら抗ヒスタミン作用がないということは体内で増えすぎたヒスタミンを抑える力は無い。つまりアレルギー反応が始まってから飲むのは無意味。

使い方としては花粉のシーズンくるしそろそろ飲んでおくかなぁといった使い方や普段から喘息を起こす子供が飲む予防薬的な意味合いが強いです。

アトピーにも効く薬(リザベン)もありますがアトピーの人は慢性的にアレルギー反応が起きているので効果は薄くあまりお勧めは出来ない。アトピーに使うなら効ヒスタミン薬をお勧めします。

ケミカルメディエター遊離阻止薬の主な薬

インタール(クロモグリク酸ナトリウム)、リザベン(トラニラスト)

アレギサール(ぺミロラストカリウム)、ソルファ(アンレキサノクス)

ロメット(レピリナスト)、タザノール・タザレスト(タザノラスト)

ケタス(イブジラスト)

 

他にも色々と喘息用の薬とかもあるんだけどここはアトピーブログなのでアトピー、蕁麻疹、花粉症に絞って書いていきたいと思います。

飲み薬の特徴をまとめると花粉症、蕁麻疹、喘息には大抵有効でうまく使えばQOLをあげれる。

一方アトピーの場合は効果は有効だけれども効果は薄いといった感じです。各薬剤にも特徴がありそれによって使い分けをすると吉。

 

アトピーで抗ヒスタミン剤を飲んでも効き目が薄いのはなぜ?

2014y10m27d_152722337

 

 

http://www.jaanet.org/pdf/guideline_skin03.pdfより引用し改変

まずはこの図を見てもらおう。これはアトピーの痒みが体内でどうやって起きているのかを示した図だ。

痒みというのは複雑なメカニズムでドミノ倒しのように連鎖してどんどん広がっていく。

別にわけがわかんなくてもいい。僕もわからん。この図を見て痒みが起きるルートが一杯あるんだなぁというのを感じてもらえばOKだ。

この中でMCと書いてあるのがヒスタミンが関与するアレルギー反応でそこを赤丸で囲んでみた。

MCが関与するアレルギー反応を抑えても別ルートから来る痒みもあるのでどう頑張っても全部ブロックするのは不可能というわけだ。

アレルギー反応にはおおまかにわけると4つあってヒスタミンが関与するアレルギー反応をⅠ型アレルギーというんだけどアトピーの人はヒスタミンが関与するⅠ型アレルギーとT細胞が関与するⅣ型アレルギーというのを誰しもが持っている。

簡単に言うとアトピー=Ⅰ型アレルギー+Ⅳ型アレルギーと考えてもらえばOK!ただし人によってどちらが強いかは違う。

抗ヒスタミン剤はⅠ型アレルギーを抑制する効果が強いもののⅣ型アレルギーはあまり抑制することが出来ない。

だからアトピーの人でもⅠ型アレルギーが強い人(蕁麻疹のある人)は効果がでるし、Ⅳ型アレルギーのほうが強い人(湿疹がメインの人)はうーんあんまり効かないなぁと思っちゃうわけ。

もっとも最近の薬はヒスタミンだけじゃなく好酸球(上の図で言うとEo)が遊走(アレルギー反応)するのを防いだりとかでいろいろ出来るようになってるけどそれでもアトピーの痒みは完全に抑えたりすることは出来ない。

だから過度な期待は禁物でせいぜいかゆみ止め程度と思って服用するのが吉。

2週間ぐらい試しても効果が出ない人はまったく無いのでそういう場合は別の薬に変えるかいっそのこと飲まないという選択肢もあり。

場合によっては副作用だけが出て効果がまったくでないということもありえるので副作用が出ているからといって効くというわけではないのでそこだけ勘違いしないように。

 

一杯種類があるんだけど何を基準で選べばいいの?

めんどくさい人は薬に関するあれこれを勉強するよりは2週間ぐらい服用して効かないとも思ったらさっさと薬を変えるのが吉。

どれを飲んでもそれなりに効くので薬によって大きく違う点を抑えつつ選べばいいと思う。

薬によって違いが大きい点は薬を服用後血中濃度最高値にどれぐらい早くあがるか(血中濃度最高値にあがるのが早いほど薬の効き目が早い=即効性が望める)。

服用後血中濃度が2分の1になる時間(薬の効き目の持続時間、ただし薬の効き目が持続するということは副作用も持続するということ

特に眠気や集中力の低下の副作用の違いは大きい。ここらへんを考慮に入れて選べばまずはずれは引かないと思います。

 

 睡眠や集中力の低下等の副作用が少ない順に選ぶ

2014y10m26d_051602314

Yanai K et al:Pharmacol Ther 113(1):1-15,2007より改変

 

ヒスタミンH1受容体占拠率の高さ=睡眠の副作用が強いということです。ザイザルとクラリチンとタリオンは表に載っていないけど非沈静性です。

いずれにせよ抗ヒスタミン剤は個人差が大きいのでこの表は参考程度にして色々試すのが良さそうです。

沈静性の高い薬を使っていると試験結果が落ちるという海外の論文報告があります。学生さんとかは非沈静性の薬を選ぶのが言いかなぁと思います。

眠気に関して一番少ないのはアレグラとクラリチンが2TOP。この二つは眠気、集中力の試験をしていて副作用なしのお墨付き。

次に眠気が中程度アレジオン、エバステル、ザイザル、ジルテックと続きます。眠気が中程度の中で一番効果が強いのがザイザル。眠気大がアレロックです。

僕はザイザル使ってるのでお勧めしておきます。

効果時間の長さで選ぶ

次に薬剤の効果時間についてこれもまぁ薬剤によって違いがでかい。飲んで1時間で効くという奴もあれば4時間かかるというものもある。

持続時間も短いものから長いものまで様々。ここらへんはライフスタイルに合わせて選べばいいんじゃないかと。

花粉が飛んでいない時期から抗アレルギー剤を飲んで予防に使うならエバステルが超お勧め。エバステルは花粉症の予防薬に一番適している。

花粉が飛んできたなと思ったら自分のライフスタイルに合わせて切り替えるべし

非沈静性の効ヒスタミン剤(上から順に睡眠作用が少ない。個人差あり)

 

アレグラ(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで2.2時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから9.6時間。眠気は治験で2.3%市販後は0.5%。眠気、集中力に関する試験で影響なしと判断)

アレジオン(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1.9時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから9.2時間。眠気は治験、市販後あわせて1.21%

エバステル(薬を飲んで薬の最大のピークに達するまで5.5時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから15.1時間。眠気は治験、市販後あわせて1.7%

ザイザル(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから7.3時間。ザイザルは治験で5.2%市販後のデータはなし)

タリオン(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1.2時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから2.4時間。眠気は治験で5.7%。市販後は1.3%

ジルテック 薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1.4時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから6.7時間。眠気は治験で6%、市販後は2.6%。)

クラリチン(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで2.3時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから14.5時間.眠気は治験で6.35%。眠気、集中力に関する試験で影響なしと判断

アレロック(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから8時間。眠気は治験、市販後あわせて7%。)

 

ここらへんを自分のライフスタイルに合わせて選ぶのが吉。眠気が少なくなればなるほど一般的に効果も落ちる。

ザイザルのデータが無いのは市販されてからまだ日が浅いから。眠気は中程度だと言われている

一応眠気の副作用順に並べてみたんだけど薬剤の副作用報告(眠気)と医療関係者の意見を比較するとしばしば食い違いがある。

例えばこの表ではクラリチンの眠気がアレロックやジルテックに並びぱっとみは眠気の副作用が強そうだなぁと思ってしまうが医療関係者の意見だとクラリチンの眠気はかなり少ないという見解になっている。

それを反映するかのように実際に眠気の試験をしてパイロットでも眠くならないという結果を出している。

ちなみに眠気の比較試験としてきちんとしたデータがあるのはアレグラとクラリチンのみ。他の薬剤は比較試験をやっていない。

副作用報告の眠気を信じるか比較試験や医療関係者の意見を信じるか悩むどころ(僕は後者を信じる)だけ眠気には個人差があるのでデータはあくまでも参考にして自分に適した薬を選ぶのが一番いいと思われる。

 

抗ヒスタミン剤のアレルギー性鼻炎に関する効果で選ぶ

鼻炎にどれぐらい効くか?というのは鼻炎に関する試験で決められます。

鼻炎の比較試験の成績には総合鼻症状スコアが使われます。0点~3点の4段階評価で患者さんがこの基準を元に点数をつけます。

例えば僕の鼻炎が酷い時はくしゃみは0点、鼻汁は3点、鼻閉は3点、鼻内そう痒感は0点で合計6点になります。

この表では4項目だけど3項目で評価試験をすることもあるし5項目のときもある。普通は大体4項目での評価が多い。

これがザイザルを飲んだことによりくしゃみは0点、鼻汁は2点、鼻閉は1点、鼻内そう痒感は0点で合計3点になったら-3点というスコアになります。

このスコアを基準に薬が飲む前と飲んだ後でプラセボ(偽薬)もしくは他の薬と比較することで薬の有効性を計ります。

2014y10m27d_150852760

http://www.msd.co.jp/Documents/hcp/productinfo/interviewform/if_nasonex_n.pdfより引用

%の後の()内は人数。薬の添付文書からひっぱってきた。

アレグラ(鼻炎に関しての有効率は記載されず。鼻炎に関しての改善スコアは-0.36±0.18。ぶっちゃけ効かない)

アレジオン(鼻炎に関しての有効率は47.7%(195/ 409 )

エバステル(鼻炎に関しての有効率は54%(137/253)薬が効くまで時間がかかるので鼻炎には向かない

ザイザル(ジルテックと同じ)

タリオン(鼻炎に関しての有効率は63.6%(126/198))

ジルテック 鼻炎に関しての有効率は49.6%( 66/133)鼻炎の改善スコアは-1.85)

クラリチン(鼻炎に関しての有効率は52.7%(146/277)。鼻炎の改善スコアは-2.53。5項目での評価なので改善スコアが高くなっている。

アレロック(鼻炎に関しては有効率は62.9%(117/186)鼻炎の改善スコアは-1.41±1.99 です。)

 

鼻炎に関しては薬剤の違いがはっきり出ます。眠気で仕事に支障が出て困る仕事(ドライバーやパイロット等)ならアレグラとクラリチンが処方される。

アレグラとクラリチンどちらも眠気が少ないけどクラリチンのほうが効果が強いので眠気で選ぶならまずはクラリチンを試してみるのがいいと思う。

一番強いとされているのはアレロック。時点でジルテック、タリオンと続く。薬の強さと眠気のバランスがいいとされているのはザイザル。

鼻閉(鼻づまり)が強い人はタリオン、ジルテック、ザイザルにのみ鼻づまりに効く成分が配合されているのでそっちをお勧めする。

上の表と全然あってないじゃないかと思うかもしれませんがそもそも比較の仕方が会社ごとにばらばら。

鼻炎スコアに関しても3項目でやってるところとか4項目で比較してるところとかね。他にはやっていない試験(眠気に関する試験等)があったりでちぐはぐになるのは否めない。

なのであくまでも参考程度。鼻炎の改善スコアについては以下を参照のこと。

 

アトピーに対する抗ヒスタミン剤の効果

アトピーに関してどれぐらい効くか?というのは数字で表すんだけどそれにはそう痒重症度スコアが使われるのでそれの説明から。

薬剤の比較のときにアトピーや蕁麻疹の痒みの比較にはそう痒重症度スコア(痒みの数値)が使われます。

患者さんに日中の症状と夜間の症状の痒みの症状を目安に0~4点の間でスコアをつけてもらいます。

点数が高くなればなるほど痒みが強くスコアも高くなります。下がその表です。点数の下の折れ線グラフのほうは関係なし。

2014y10m27d_152152505

http://jp.rohto.com/m-hepasoft/data.htmlより引用

これを説明したところで薬の数値を書いていく。%の後の()内は人数。薬の添付文書からひっぱってきた。

アレグラ( 湿疹・皮膚炎に対する有効率は記載されず。アトピーの痒みスコアの軽減は-0.75±0.07

アレジオン(蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬に対する有効率は74.2%(610/ 822 )個別の情報なし)

エバステル(湿疹・皮膚炎、痒疹に対する有効率は71%(188/264))

ザイザル(ジルテックと同じ)

タリオン(湿疹・皮膚炎に対する有効率は63.1%(65/103)、痒疹に対する有効率は73.2%(30/41))

ジルテック (湿疹・皮膚炎に対する有効率は65.9%( 81/123),痒疹に対する有効率は 57.7%( 30/ 52)アトピーの痒みスコアの軽減は-0.43)

クラリチン(湿疹・皮膚炎に対する有効率は60.7%(105/173)、痒疹に対するデータなし。アトピーの痒みスコアの軽減は-0.51)

アレロック(湿疹・皮膚炎に対する有効率は74.6%(91/122)、痒疹に対する有効率は50.8%(31/61)アトピーの痒みスコアの軽減は−0.78±0.84)

 

さてじゃあどれを使えばいいのかというとどれを選んでも正直そんなに変わらないと思うが僕のお勧めとか論文で効果があると言われているものを紹介する。

ぶっちゃけアトピーだけ悩んでいる人だったらその薬剤を2週間使って効かなかったら別の薬剤に変えるといういきあたりばったり手法が一番効果的。

あくまで痒みを抑える補助的な役割でメインはアトピー治療のメインはステロイド外用薬です。あまり期待しないようにするのが吉。

以下適当な薬剤の批評です。エビデンスの高い順番に並べます。

二重盲検試験=ざっくりいうと一番信頼性のある比較方法という事です。この試験で結果を残せばエビデンスがある(科学的根拠)があるといっても問題ないといえます。

エビデンスが高い=薬がそれだけ効くというわけではない。効く可能性が高いというだけ。

 

 アレグラ

2014y10m27d_152722337

http://www.jaanet.org/pdf/guideline_skin03.pdfより引用し改変

抗ヒスタミン作用に加えて炎症性サイトカイン産制抑制作用(IL-8及びGM-CSF)。上の痒みの図でちょっと説明したけど痒みというのはドミノ倒しのように広がっていく。

炎症性サイトカインというのはそのドミノ倒しのスタート地点にあるのでそこを抑制することでアトピーの痒みを抑えれるってわけ。上の図の青丸ね。

大規模な二重盲検試験で効果ありとの判断。ステロイド外用薬とステロイド外用薬+アレグラの比較では後者が有意に痒み及び炎症が改善した。

またアレグラとザジテンとの比較で同等の結果を残したとの報告。

副作用の眠気が最も少なく蕁麻疹にもほどほどに効くのでアトピーorアトピー+蕁麻疹のある人はこれがお勧め

ただし鼻炎にはほぼ効果なしなので鼻炎もちの人は別の薬を選ぶべし。

アレロック

蕁麻疹や花粉症によく効きアトピーにも効果がある。アトピーに合併する特殊な湿疹(痒疹や貨幣上湿疹)にもよく効く。アトピー+花粉症ならこれがお勧め。

論文では1094例の大規模な臨床試験があり間欠投与、連贈投与を比較。共に重症度が下がり連続投与のほうが有意に効果が高かった。また患者のQOLも改善された。

 

クラリチン

抗ヒスタミン作用に、LTC4遊離抑制作用(ロイコトリエン)、好酸球浸潤抑制作用がある。

論文では成人及び小児にでエビデンスの高い報告があった。ステロイド外用薬を用いた比較では使った郡ののほうが有意に痒みが減った。クラリチンとザジテンの比較では効果は同等であり安全性も同等だった。

アレジオン

2014y10m31d_201641306

http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=chishiki&c2=1&c3=2&n=3より引用

アレジオンにはNGFの上昇を抑制を抑制する効果がある。NGFというのはすごく簡単に言うと痒みを感じる神経。詳しくは上の図を参考に。

普通の人は皮膚の下(真皮)までしかないんだけどアトピーの人はこれが表皮つまり皮膚の表面まで伸びていることで知られている。それの成長を抑制することで痒みを減らす。

 

論文では 小児アトピーで高いエビデンスの高い報告があり有効性を示した。アレジオンとザジテンの比較では両者ともによく効きアレジオンは医者の間でもよく効くとの評判。安全性でも同等。

 

ジルテック

選択的H1受容体拮抗作用、好酸球遊走阻止、活性化抑制。アレロックより1ランク落ちるが副作用の眠気は抑えられている。軽度のアトピーの人だとこれぐらいの薬のほうがいいかもしれない。

論文報告では顔及び東部に中等度以上の皮疹をもつ成人アトピー性皮膚炎で、プロトピック軟膏との併用で掻痒に有効かつプロトピック軟膏の灼熱感を有意に軽減し、その併用効果が示された。

1999年ではあるが、カナダでの大規模な安全性の報告4)がある。

プロトピックを使っている人で火照りに悩んでいる人はジルテックを使うのがお勧めです。

アイピーディー

これは抗ヒスタミン作用のない薬で純粋な抗アレルギー剤です。作用はIgE抗体・IL4・IL5産生抑制作用です。鼻水よりは鼻づまりやアトピーに効果があります。

成人アトピー性皮膚炎でプロトピック軟膏にアイピーディーを併用し症状の改善が早い傾向を示した報告がみられた。

また、難治性顔面紅斑をもつ成人アトピー性皮膚炎で、タクロリムス軟膏併用にて軟膏量が減少した報告があった。

 プロトピックを使っている人で中々よくならないと言う人はアイピーディーを併用すると更に効果が上がる

以上がエビデンスのある薬剤です。この中から自分に会ったものを選ぶといいと思います。

 

蕁麻疹に関する効果

%の後の()内は人数。薬の添付文書からひっぱってきた。

アレグラ(慢性蕁麻疹に対する有効率は記載されず。蕁麻疹の症状の痒みの改善と症状の改善、2項目の合計の数値は10mgが-2.12±0.34。60mgが-3.53±0.33

アレジオン(蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬に対する有効率は74.2%(610/ 822 ))

エバステル(慢性蕁麻疹に対する有効率は75%(277/369))

ザイザル(ジルテックと同じ)

タリオン(慢性蕁麻疹に対する有効率は76.4%(191/250)、蕁麻疹の痒みスコアの改善は-1.62蕁麻疹の症状の改善は-1.24)

ジルテック 慢性蕁麻疹に対する有効率は77.3%(211/273),蕁麻疹の痒みに対する試験はなし。)

クラリチン(慢性蕁麻疹に対する有効率は77.7%(310/399),蕁麻疹の痒みスコアの改善は-1.51。蕁麻疹の症状の改善は-1.41)

アレロック(慢性蕁麻疹に対する有効率は80.6%(225/279)、蕁麻疹の痒みに対する試験はなし)

 

蕁麻疹にはどの薬剤もよく効くので何を選んでも良さそう。重い蕁麻疹の場合はアレロックが適切だろうか。

蕁麻疹の場合は継続して飲むことになるので眠気や集中力の低下を最優先にして選ぶべし。

鼻炎がある場合はある程度強い物をチョイス(アレグラ、クラリチン以外)

アトピーの場合は眠気の弱いものから(アレグラ、クラリチン)から試すのが良い。

 

抗ヒスタミン剤における使用上の注意とか

まず腎障害or腎障害の疑いがある人は一人で勝手に使わないこと。血中濃度があがりすぎて薬の効き目がでたりでなかったりする。

高齢者も慎重に投与。次にてんかん等の痙攣性疾患がある人は薬剤によって痙攣を起こす可能性あり。

妊娠している場合も基本使ってはいけない。特に妊娠初期(15週頃)までには使わないほうがいい。なぜ使ってはいけないのかというと動物実験で奇形が生まれたとの報告があるからです。

ポララミン、クラリチン、ジルテック当たりがよく使われていて逆にアタラックス、セルテクトは禁忌になってます。

仮に抗ヒスタミン剤を服用していなくても遺伝子に異常がある可能性はゼロではないので医者とよく相談した上でよく使うのが一番いいと思います。

 

抗ヒスタミン剤と相互作用のある薬は使ってはいけない

テオフィリン。喘息の薬。併用すると薬が弱くなったり強くなったりする。

リトナピル。エイズの薬。併用すると薬が強くなる。

中枢神経抑制剤、アルコール。眠気が強くなったり副作用が強くなったりする。これはまぁ医者に言われたことがあるから誰でも知ってるかと思います。

サンリズムカプセル(ピルシカイニド塩酸塩水和物)。不正脈を治すお薬。効果が強くなり副作用が出たりする。

抗ヒスタミン剤を使うならこれらの薬を使っている人は併用しないでくださいねーって事です。併用できる薬剤もあるが基本は禁止ということは頭に入れておこう。

 

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、腎障害、痙攣等があげられる。これについては薬剤の注意書きにも書いてあるので起こしやすい人は医者の指導の下きちんと使うこと。もしくは使わない。

 

 

 

タリオンの特徴

 

さて以上を踏まえた上でようやくタリオンについて説明していきたいと思います。タリオンの薬の効目やらはこれ(薬を飲んで薬の効果のピークに達するまで1.2時間かかる。薬の効き目が続く目安は飲んでから2.4時間)

効果時間の持続が短いのがちとデメリットですがこの薬剤の最大の特徴は鼻閉(鼻づまり)によく効くというのがポイント。

実は花粉症には即時反応と遅発反応の2種類があって即時反応は目が痒くなる鼻水が出る、くしゃみがでると鼻が詰まるといった症状が出ます。

それらの症状が体の中で花粉と合わさって連鎖的にアレルギー反応の連鎖をひきおこし酷い鼻づまりをひきおこします。これが遅発反応と呼ばれるものです。

これが厄介なことにヒスタミンとは別のアレルギー反応なので普通の抗ヒスタミン剤では中々効かない。タリオンにはそういうのにも対応できるように別の成分が配合してあるので鼻閉によく効きます。

ちなみにこの成分はIL-5というもので詳しい説明は省きますがアトピーの炎症にもかかわっています。

IL-5抑制が入っているのはこれとジルテックだけ。IL-5は慢性のアトピーにおいて痒みのメインルートの一つなので湿疹メインかつある程度重いアトピーの人は普通の抗ヒスタミン剤よりこちらが効くと思われる。

 

僕は花粉症の時期はアレグラ。それ以外の季節はジルテックで使い分けしてます。個人差が少ないのがタリオンの特徴なんだけどタリオンはなんか効かなかった。

 

タリオンの使用方法

タリオン錠

2014y10m29d_183110750

http://medical.mt-pharma.co.jp/di/product/tln/より引用

 

 

ベポタスチンベシル酸塩=タリオンの主成分

用法及び用量

通常、成人にはベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する

 

タリオンOD錠

2014y10m29d_183222368

用法及び用量

ベポタスチンベシル酸塩=タリオンの主成分。

通常、成人はベポタスチンベシル酸塩として1回10mgを1日2回服用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

ODってなんやねん

一言で言うと水なしでも飲めるようにしたタイプです。僕は試しに何種類か試したことがあるんですがラムネorフリスクに味食感共に似ています。

味は薬剤によって決まっているはずですがジェネリックになると微妙にまずいものから舌でしゅわしゅわはじけたり薬剤によって差があってちょっと面白いです。

ラムネとかフリスクとかああいう類が苦手な人は素直に普通のほうを飲みましょう。まずいのをひいたら精神的にきついです。

 

タリオンのアレルギーに対する効果

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎を対象とした二重盲検比較試験を含む臨床試験の最終全般改善度(中等度改善以上)は、63.6%(126/198)だった。

 

 蕁麻疹

慢性蕁麻疹を対象とした臨床試験(プラセボを対照薬とした二重盲検比較試験は除く)の最終全般改善度(中等度改善以上)は、76.4%(191/250)であった。
また、プラセボを対照薬とした慢性蕁麻疹の二重盲検比較試験において、本剤はプラセボと比較しそう痒及び発斑の症状スコアを有意に減少させた。

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4490022F1038_1_02/より引用

 

 

解説:そう痒=かゆみ 発斑=蕁麻疹です。 ここでいう症状の平均値とはそう痒重症度スコアによって決定されています。

そう痒重症度スコアとは患者さんに日中の症状と夜間の症状の痒みの症状を目安に0~4点の間でスコアをつけてもらいます。点数が高くなればなるほど痒みが強くスコアも高くなります。下がその表です。点数の下の折れ線グラフのほうは関係なし。

2014y10m27d_152152505

http://jp.rohto.com/m-hepasoft/data.htmlより引用

皮膚疾患に伴うそう痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症)

湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症を対象とした一般臨床試験の最終全般改善度(中等度改善以上)は、全体で64.7%(119/184)で、疾患群別では湿疹・皮膚炎群63.1%(65/103)、痒疹群73.2%(30/41)、皮膚そう痒症60.0%(24/40)であった。

 

湿疹、皮膚炎郡=アトピーと捉えてもらえばいいと思います。

 

タリオンの眠気に対する影響

プラセボを対照薬とした慢性蕁麻疹の二重盲検群間比較試験において、本剤投与群〔20mg/日〕(55例)の眠気の副作用発現頻度は、プラセボ投与群(54例)と同程度であった。

健康成人男子を対象に連続加算テストによる精神運動機能に及ぼす影響を検討した結果、本剤投与群の正答数の変化率はプラセボ投与群と有意差がなく、精神運動機能に対する影響は認められなかった。

 

タリオンの副作用

臨床試験(治験)において総症例1,446例中、副作用が報告されたの137例(9.5 %)であり、その主なものは、眠気83件(5.7%)、口渇16件(1.1%)、悪心12件(0.8%)、胃痛7件(0.5%)、下痢7
件(0.5%)、胃部不快感6件(0.4%)、倦怠感4件(0.3%)、嘔吐4件(0.3%)等であった。

また、臨床検査値異常として本剤との因果関係が疑われたものは、総症例1,225例中64例(5.2%)で、主なものは、ALT(GPT)上昇1,209例中25件(2.1%)、尿潜血1,020例中11件(1.1 %)、 γ-GTP上 昇1,130例中10件(0.9 %)、AST(GOT)上昇1,210例中8件(0.7%)等であった。

 

成人を対象とした市販後の使用成績調査5759例(小児163例を含む)中207例(3.6%)に臨床検査値異常を含む副作用が認められた。主な副作用は眠気149件(2.6%)、倦怠感 9 件(0.2%)、口渇 9 件(0.2%)、浮動性めまい 8
件(0.1%)、頭痛 6 件(0.1%)等であった。

小児患者(5歳以上~15歳未満)1,316例中、副作用が報告されたのは14例(1.1%)であり、その主なものは眠気5件(0.4%)、口渇2件(0.2%)、蕁麻疹2件(0.2%)等であった。

 

 その他の副作用

2014y10m29d_182829516

 

http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4490022F1038_1_02/より引用

 

これらの副作用が見られた場合には使用を中止すること。

花粉で皮膚が痒くなる人はセラミドサプリのほうが効果が高くなる

2016年2月ごろ資生堂から衝撃的なニュースが発表されました。以下引用

資生堂は、肌のバリア機能への影響を明らかにするために、セロハンテープで組織培養皮膚表皮の角層を剥離して人為的にバリアを破壊したうえで、スギ花粉の抗原タンパク質「Cry j1」溶液を塗布したときの水分量および細胞間脂質量を測定しました。その結果、水を塗布したときに比べて、「Cry j1」溶液を塗布した皮膚では水分蒸散量が顕著に高くなり(図1)、肌のうるおいが失われることがわかりました。また、肌本来の油分としてバリア機能の維持・回復を担う細胞間脂質については分泌されにくくなり(図2)、細胞間脂質の供給が滞ることが明らかになりました。これらのことから、「Cry j1」によりバリア機能が損なわれることを見出しました。

通常、肌のバリア機能が一時的に低下しても、肌本来のもつ回復力(恒常性)により元の状態へ戻っていくことがわかっています※2が、特に肌のバリア機能が低下している人はスギ花粉が付着しないよう肌を保護することが重要です。

2016y02m19d_174108987

https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000000035より引用

これがどういう事を示すかと言うと花粉による目や肌の痒みを改善する具体的な手法がわかったという点です。僕的にはノーベル賞を上げたいレベル。

今まではアレルギー反応で皮膚に痒みが出ると思われていてその対処法として抗ヒスタミン剤(アレルギー反応を抑える薬)が出ていました。

今後は杉花粉が付着する事により痒みが出るという事がわかったのでくしゃみが出る人は抗ヒスタミン剤。

痒みが出る人は抗ヒスタミン剤+保湿クリームを処方する病院が増えるんじゃないでしょうか。くしゃみは鼻の粘膜に花粉が入ることで起きるのでこれはアレルギーです。

病院で出される保湿クリームなんてうんこなんで全然効かないんですが。

そこで僕がとっておきの方法を紹介しましょう。僕はこの方法を実践してから杉花粉が飛ぶ中痒みがほぼなくなりました

ニュースとして公表されたのはつい最近ですが花粉がひっつくと肌が乾燥するなというのは体感で分かっていたので3~4年前から既に対策してました。

上の文章を見ると肌本来の油分としてバリア機能の維持・回復を担う細胞間脂質については分泌されにくくなり(図2)、細胞間脂質の供給が滞ることが明らかになりました。

と書いてあるわけです。ようするにバリア機能を担う細胞間脂質を供給すれば花粉のときのどうしようもない痒みがなくなるって事です。

ちなみに通常、肌のバリア機能が一時的に低下しても、肌本来のもつ回復力(恒常性)により元の状態へ戻っていくことがわかっています※2が、特に肌のバリア機能が低下している人はスギ花粉が付着しないよう肌を保護することが重要です。

ともかいてありますが花粉がびゅんびゅん飛んでる絶えず肌に付着する中回復する見込みはまずないです。

2016y02m19d_180011453

http://www.tvert.jp/fs/tvert/c/sale1より引用

細胞間脂質の半分はセラミドでできていまして細胞間脂質が少なくなっている人=セラミドといっても過言じゃないです。

このセラミドなんですけど高価すぎて保険適用になっておらず病院の保湿剤ではもらえません。

市販のセラミドクリームは品質がまともなもので30g4000円ぐらいです。糞高いでしょ?しかも1ヶ月持たないです。

これより安いセラドクリームも売ってますがそれはセラミドもどきなので皮膚にセラミドの補給はできないわけです。

そこでお勧めするのがセラミドサプリです。元々これアトピーの為に飲み始めたんですがこれ飲み始めてから花粉のシーズン中の痒みがぐっと減りました。

お値段も1ヶ月2000円~3000円ぐらいで飲むだけで全身に効くという優れものです。

花粉のシーズン中に肌が痒い!って人は抗ヒスタミン剤よりこちらのほうが効果あるんで是非試してみてくださいな。

手軽に乾燥肌を改善!アトピーならセラミドのサプリメントを取っとけ!

花粉症の薬って飲んで効くというお手軽さがうりなのに入手がめんどくさい

僕はスギ花粉に常人の100倍過敏に反応する体質なんだけど花粉症の薬を貰う為に花粉がびゅんびゅんとんでる中歩くのっておかしいでしょ?

いや冷静に考えるとおかしいなって思って。抗アレルギー剤って1回飲んだらすぐに効くっていうお手軽さが最大の売りなわけじゃん。

それなのに花粉症の改善の為にわざわざ花粉が飛んでいる中耳鼻科いって2時間待ちして薬貰ってというすごいめんどくさい手順を踏まなきゃ「入手」できない。

そんなめんどくせぇなら市販の薬を通販で買えばいいじゃんって突込みがきそうなんだけれども僕は抗アレルギー剤についてめちゃくちゃ勉強したので知っている。

市販の花粉症の薬はある程度症状の重い人には効きません。アレグラFXとかアレジオン10とか花粉症の薬としてみればゴミもいいとこ。

効いてるという人はそれでいいんだけどね。僕は全然効かない。杉花粉に常人の100倍反応するからこれっぽちも効いたためしがない。

市販の薬というのは薬の主成分の配合率が抑えられていたり主成分が同じでも売っている物は効果の弱い薬で全然効かない。

ようするに効かないから買うなっていうすごいシンプルな理由なんだよね。誰でも手軽に変える分薬の効果が抑えられています。

だからある程度重い花粉症の人は花粉対策をバッチリして歩いてでも耳鼻科や皮膚科で診察してもらって強い薬を貰わなきゃいけないんだけどガッツリ貰うことができない。

病院で処方される上限は1ヶ月分。という決まりがある。新薬なら2週間。2ヶ月は処方の関係上出せない。

じゃあ薬局はどうか?という事なんだけど買うにしても医薬品買うときは薬剤師がいないと買えないし弱い薬しかうってないので時間の無駄になる。

花粉症の為にわざわざ花粉が飛んでいる中耳鼻科いって2時間待ちして薬貰ってと言うのを考えてげんなりしてる人はは2013年ごろから解禁された薬の個人輸入を利用するといいです。

個人輸入なら通販で日本で売っていない強い薬が入手可能で何より病院に行くと言う手間を省ける上に値段も病院と同じぐらいというお手軽さがありメリットしかない。

僕は病院で待つのが大嫌いだ。あんなん時間の無駄だ。花粉がびゅんびゅん飛んでる中外にも行きたくない。アトピーも悪化するしくしゃみでるし鼻もぐずぐずになる。

そういうときにボタン一つでぽちっと強い薬が買える個人輸入のお手軽さがとても気に入っている。

 

花粉症の薬を通販で買うならお勧めはザイザルかアレロック

アレロックかジルテック(ザイザル)がお勧め。アトピーの人兼花粉症もこのカテゴリーです。

なんでこの二つをお勧めするのかと言う話なんだけれども花粉症は薬の強さが強い物から試すのが一番手っ取り早い。

花粉症は個人差の大きい薬なので強い薬を飲んでもへっちゃらっという人もいるしアレグラですら眠気が出る人がいるから抗アレルギー剤は試してみないと分からない。

眠気や集中力の低下を恐れるのも分かるけどあなたがほしいのは花粉に悩まされずに生活したい一点だと思う。副作用を気にするあまりそこからぶれてはいけない。

アレロックは花粉症の中で一番効果が強いが眠気も最強。即効性ももちろんある。今鼻水がダラダラ出るという人はこれがお勧め。

ただし非常に眠気が強いので人を選ぶ薬。ちなみに僕は駄目だった。すっげぇ眠くなる。

しかし中にはこれを飲んで花粉症が軽くなり眠気も出ないという人もいる。ようするに個人差が大きい薬なんだよね。

だから花粉症の薬を試すときは強い物から順番に試していって自分にあったものを使うのがいいと思う。

だから市販の薬で効かない場合はまずは試すべきはジェネリックアレロック(Allenil)5mgから。

アレロックを試して眠気が強すぎるとか集中力が落ちるとかいった副作用が強すぎる場合はザイザルがお勧め。

ザイザルは開発名スーパージルテックと呼ばれていて早い話がジルテックのいいとこどりです。ジルテックを全ての点で上回っている。

アレロックと比べてそんなに効果も落ちない上に眠気も強くなく鼻づまりにとてもよく効く(鼻づまりに効く薬はタリオンとザイザルのみ)という効果がある。

ちなみにアレロックは鼻づまりにはあまり効かないので鼻づまりならザイザルジェネリック5mg(Crebros)をお勧めしとく。アレルギーの強い人は鼻づまりも発症するのでこっちのほうがいいかな。

僕はこれ飲んでます。ちなみにアトピーの効能ではプロトピックのほてりを抑えるという効果も確認されているのでこっちも期待しつつ飲んでます。

花粉症に関しては基本的にこの二つがお勧めです。今まで別の薬を飲んでいたという人は是非お試しあれ。

花粉症の予防ならエバステルがお勧め

エバステルという薬は花粉症の予防に最適です。それはなんでかというと薬の効果が15時間と最長でありその上眠気も少ないから。

ちなみにアレロックは8時間やジルテックは7時間ぐらいなので大雑把に言って2倍時間が続く上に一日1回の服用で住むので値段も安く付く。

ただしあくまで予防だけです。花粉がとびはじめたらこの薬は即効性がないので全然効きません。だから全然売れてない。

花粉症に求められるのは即効性です。この薬飲んでから薬の効目が出るまで5.5時間かかります。他の薬は1時間~2時間が多いです。

花粉症の薬としてみるとお勧めできませんが予防薬としての性能はピカイチです。

花粉の飛び始める前の1~2ヶ月前ぐらいに飲んでおくと鼻のアレルギーを抑えることが出来ます。

アトピーと蕁麻疹に効く薬ならアレグラがお勧め

おいおいアレグラは糞だっていってたじゃん。なんでお勧めしてるんだよって突っ込みが着てそうだけどあれは花粉に対して使うならって事。

アトピーや蕁麻疹の場合は長期飲み続ける必要があるので眠気や集中力の低下と言うのは最も気にすべきところ。ぶっちゃけるとすごいストレスになるのよね。

1年中眠かったり集中力が低下するってのは仕事の能率も落ちるしやっぱ生活が苦痛になるんだよね。そんな生活誰だってしたくない

花粉症の薬は花粉の辛さ>眠気や集中力の低下になるし一時的なものだから多少の副作用は我慢できるけどアトピーや蕁麻疹の場合はそうはいかない。

幸いアトピーや蕁麻疹は眠気が少ない薬と強い薬の効果の差がそんなにないのでアトピー蕁麻疹は1年中眠気や集中力の低下がなく快適に過ごせるかどうか?と言うを重視すべきです。

蕁麻疹とアトピーは基本的にどの薬を選んでも効果があります。もちろん多少の差はあるんだけどそこまできにするほどでもない。

アトピーと蕁麻疹の場合は基本的に抗アレルギー剤は飲み続けたほうがいいと思う。飲み続けることでアレルギー反応を抑えてくれるから。

胡散臭い健康食品に金使うんだったらエビデンス(科学的根拠のある)ものにお金を使うべき。

じゃあどれを選ぶのがいいかというと花粉症を併発していない人は眠気が一番少ないといわれているアレグラ(allegra)180mgをまず試してみてください。

お勧めする理由は眠気や集中力の低下が少ない割に効果が高いから。1年通して飲む物は基本的に眠気や集中力の低下が高いものは飲みにくい。

そしてアレグラは眠気や集中力の試験をしてきっちり結果を出しています。パイロットやドライバーにも使われる抗アレルギー剤です。

花粉症の薬としてはてんで駄目なんだけどアトピー蕁麻疹の薬としてみればこれ以上の使いやすい薬はない。

ちなみに日本で市販されているアレグラFXは120mgで上の物より効果は弱いです。なので輸入代行のアレグラのほうが効きます。

アレグラFXは28錠で1500円~2000円程度。こっちは20錠で1200円前後なのでコスパ的には同じぐらいで効果の強い薬が買えます。

蕁麻疹の場合はこれ一本でいいかなぁ。効かない場合はジルテックやアレロックを試すといい。

アトピーの場合もこれでOK。花粉症と併発している場合はジルテックやアレロックを飲んでね。

僕は花粉症のない季節はアレグラ。花粉症の季節はジルテックと使い分けています。

薬というのは使い方次第でぐっと生活を楽にすることが出来ます。僕は抗アレルギー剤の知識を身に着けてから凄い楽に花粉症の季節を乗り切ることが出来るようになった。

だから花粉症やアトピーや蕁麻疹で悩んでいる人は是非これらの薬を使ってみて欲しい。きっと楽になるはずだから。

 - 抗ヒスタミン剤

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2014y11m02d_025849419
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるアレグラの効果と副作用についてまとめてみた

この記事はアトピー患者兼重度の花粉症である僕がそういえば病院で飲み薬について一切 …

2014y10m28d_100924902
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるザイザル効果と副作用についてまとめてみた

今日のテーマはザイザル。ザイザルの成分名はレボセチリジン塩酸塩と言います。ザイザ …

2014y11m02d_000930913
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるアレジオンの効果と副作用についてまとめてみた

今日のテーマはアレジオンについて。アレジオンの成分名はエピナスチン塩酸塩です。 …

2014y10m29d_221632325
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるジルテックの効果と副作用についてまとめてみた

  今日のテーマはジルテック。ジルテックの成分名はセチリジン塩酸塩と言 …

2014y10m30d_172729736
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるアレロックの効果と副作用についてまとめてみた

今日のテーマはアレロック。アレロックの成分名はオロパタジン塩酸塩です。 この記事 …

2014y10m30d_215015608
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるエバステルの効果と副作用についてまとめてみた

今日のテーマはエバステルについて。エバステルの成分名はエバスチンです。 この記事 …

1f848a431f7568f35d52a4eeb67f4c94_s
適切な飲み薬飲んでます?アトピーで抗ヒスタミン剤を使うときの薬の選び方についてまとめてみた

  あなたは自分が使っている飲み薬をきちんと選んでいますか? 病院の先 …

2014y10m31d_174702519
アトピーや花粉症や蕁麻疹で使われるクラリチンの効果と副作用についてまとめてみた

今日のテーマはクラリチンについて。クラリチンの成分名はロラタジンです。 この記事 …