アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

アトピーに使われる漢方薬の荊芥連翹湯について効果や副作用をまとめてみた

      2015/02/19

2014y12m22d_151101625

今日はアトピーで使われる荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)についてまとめてみました。

こちらは17種類の生薬をブレンドした飲み薬。専らニキビや鼻炎に処方されていることが多いみたい。

アトピでは主に肉芽形成(皮膚の回復を早める)で使われるお薬です。

 

Sponsored Link

アトピーにおける漢方の役割

僕の漢方のイメージって「体に優しい」、「副作用が少ない」「薬が効くまで時間がかかる」「苦そう」というものです。

殆どの人が「体に優しい」、「副作用が少ない」というイメージを持っていると思います。でもこれ間違ってるからね。

自然な物が優しい。というのは幻想だから。薬である以上必ず副作用はあります。薬を選ぶ際は自分に合う合わないで選びましょう。

漢方薬は医者が症状を見てそれにあった薬を出すのでまず医者の診察が正確に行われていて初めて薬の効果があるという感じです。

だから効くときはすごい効くと思う。その代わりヤブ引いたらすげぇ悪化するけどね。つまり漢方が効くかどうかは医者に大きく左右されます。

アトピーの民間療法で重大な副作用報告のうちの23%は漢方が占めていますので漢方だから安全だという思い込みでどっぷりと漢方にはまるのは危険です。

ちなみに西洋医学はまず薬の効果ありきです。特にアトピーの場合は顕著。君はアトピーだからこの薬出しておくねというような感じでしょ?

なので必要最低限の説明がされればどこいっても大して変わりません。その最低限の説明がされていない病院が多すぎるのが問題ですが・・・。

アトピーにおける漢方の役割ですが一言で言うと標準治療(保湿剤+ステロイド+プロトピック)等と併用すると単独よりもいい効果が得られるというような感じ。

今のところエビデンス(科学的根拠)に従えば標準治療と併用すると一部の漢方薬は単独で治療するよりいい結果が出るよ。というような結果に留まっています。

だから漢方が効果がないかというとそういう事じゃない。漢方は人の体の特徴を見てその人に合った処方をするといった感じなのでエビデンスでは評価できない。

薬剤の組み合わせも多く処方の組み合わせ次第では良くなったり悪化したりすることもあるかと思います。つまり医者の腕次第なわけ。

西洋医学以上に医者としての知識や経験が大きく出るので西洋医学では駄目という人は漢方を試すのもあり。

ただしヤブも相当多いのでくれぐれも「好転反応」には注意すべし。何ヶ月も続く「好転反応」等ありはしません。

Sponsored Link

荊芥連翹湯の特徴

体に起こっている炎症を鎮めて発散させる荊芥連翹湯には、生薬(しょうやく)と呼ばれる天然由来の成分が含まれています。これら生薬には17種類が配合されています。

以下含まれる成分の解説。

黄芩(おうごん)。シソ科コガネバナの根の周皮を除き、乾燥したもの。抗菌作用、解熱、利尿、抗アレルギー、解毒作用、肝機能の活性化などに効果あり。

黄柏(おうばく)。ミカン科キハダ属に属する植物の皮を乾燥させたもの。解熱作用、消炎作用、健胃作用あり。専ら胃腸の健全化に使われる。

黄連(おうれん)。キンポウゲ科のセリバオウレンの根茎を乾燥させたもの。苦味健胃、整腸、止瀉等あり。

桔梗(キキョウ)。キキョウ科の多年性草本植物。去痰作用  排膿作用あり。

枳実(きじつ)。ミカン科のダイダイまたはナツミカンなどの未熟果実を乾燥させたもの。理気、健胃、通便、化痰などの効能あり。主に腹部や胃腸を整えるのに使われる。

荊芥(ケイガイ)。シソ科の一年草。発汗作用、発散作用。皮膚疾患には鎮痛、抗炎症作用が効果あり

柴胡(サイコ)。セリ科ミシマサイコの根あるいは全草。解熱作用  消炎作用  鎮痛作用  鎮静作用  抗菌作用  抗ウイルス作用。

山梔子(さんしし)。アカネ科のコリンクチナシの果実を乾燥させたもの。解熱・消炎・利胆・止血・鎮静・降圧作用あり

地黄(ジオウ)。ゴマノハグサ科ジオウ属植物の根茎。補血(ほけつ)、強壮、止血、滋潤(じじゅん)に効果あり。

芍薬(しゃくやく)。キンポウゲ科、ボタン科シャクヤクまたは近縁種の根。鎮痛・鎮痙(ちんつう・ちんけい)、収斂(しゅうれん)、緩和作用。体の不調に使われる。

川芎(せんきゅう)。セリ科の多年草センキュウの根茎を乾燥させたもの。月経調整作用  活血作用  鎮痛作用。単体での働きは弱く薬剤の補助に使われる。

当帰(とうき)。セリ科トウキ属植物の根を乾燥したもの。鎮痛、鎮静、強壮効果あり。主に月経不順やひえ等に使われる女性向けの生薬。

薄荷(はっか)。シソ科ハッカ属の多年草。ミントのほうがわかりやすいかな。清涼、解熱、発汗、健胃等の目的で使われる。

白芷(びゃくし)。セリ科のヨロイグサの根を乾燥したものです。鎮痛作用、麻酔作用、去痰作用あり。頭痛や鼻炎などに処方される。

防風(ボウフウ)。セリ科の草本の一種発汗・解熱作用、鎮痛作用、利尿作用、抗ウイルス作用、抗菌・抗真菌作用あり

連翹(れんぎょう)。モクセイ科のレンギョウの果実を乾燥させたもの。消炎、利尿、排膿、鎮痛薬として幅広く使われる。

甘草(カンゾウ)。豆科の多年草に属する植物でその根を乾燥させたもの。主成分のグリチルリチンが肝障害やアレルギーに有効だとされている。とり過ぎると低カリウム血症や血圧上昇、偽アルドステロン症等の副作用が出るので注意。

 

かき終わった17種類!長かった・・・。んでアトピーに使われる荊芥連翹湯はどういう風に使われるかというとアレルギーを予防する抗ヒスタミン薬と同じような使われ方をしているみたい。

主な適応疾患は慢性鼻炎、慢性扁桃炎、蓄膿症、ニキビとなっている。皮膚炎よりは鼻炎のほうに適用があるみたいなんどけどそういう論文はなし。

西洋医学の場合は皮膚にはこれ鼻炎にはこれというような感じで区切られているけど漢方は体全体を見てどの薬を処方するか決めるので皮膚とか鼻炎とかはあまり関係ないみたい。

荊芥連翹湯は漢方的な考えで言うと体の中の毒を排毒するというようなイメージ。デトックスのほうがわかりやすいかも。

解毒証体質の人によく合う薬だそうです。解毒証体質は肝臓の解毒作用が弱いために毒素を溜め込みやすい体質。

風邪を引きやすい。炎症を起こしやすい、皮膚につやが無く浅黒い、手足の裏に脂汗をかきやすいといった特徴がある。肝臓に弱いアレルギー体質の人がベストチョイス。

体力中程度(日常生活が普通に出来るレベル)で熱証(炎症・充血・自律神経の家興奮、異化作用亢進などに共なって生じる熱感・のぼせ・ほてり・いらいら・口渇・尿が濃いなど)の人に使われる。

熱をさますときに冷やすという効果があるために冷え性の人に使うと余計に冷えるということらしい。そういう場合は薬が合っていないので変えてもらうのが吉。

使用方法

通常、成人1日○○gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

メーカーによって薬のg数が違うので医者の指示もしくはメーカーの説明文書に従って服用してください。

食前は食事の30分前。食間は食事と食事の間という意味で食事中に飲むということではありません。食事を終えて2時間後ぐらいが目安です。

オースギ、太虎堂、ツムラ、テイコクの4種類のメーカーが出しており配合成分の比率や値段も違います。

急性疾患なら症状が続くまでが目安で慢性疾患なら2~3ヶ月飲んで効果が出るまで。もし良くならなければ薬が合っていないということです。

注意点

体力がないものには向かない(日常生活を送れる程度の耐力があればOK)。冷えが強い人には向かない。

著しく胃腸の虚弱な患者には向かない(食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、 下痢等)があらわれることがある。

飲んで体に異常があったら服用を止めること。胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢発疹、発赤、かゆみ、じん麻疹。

副作用は重いもので偽アルドステロン症、ミオパチーが報告されている。手足のだるさ、しびれ、つっぱり感、こわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。これらにぴんっときたら服用をすぐ止めること。

生薬の甘草を含むものを十味敗毒湯と併用すると上記の偽アルドステロン症の発症リスクが上がるので注意。

妊娠または妊娠している可能性のある人は使用できない可能性あり。

腎障害のある患者には向かない(甘草の成分による為)

間質性肺炎画報告されている。咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱があれば主治医に相談を。

 

論文

記事を書いてる最中に荊芥連翹湯は使いにくい薬なんじゃないかなぁと思っていたんだけど意外と使いやすい薬みたいで標準治療と併用すると効果が出るみたいだ。それがこれ

漢方薬だからといって必ずしても安全なわけではないけど漢方薬はその人に合った体質ならば長期服用しても比較的安全だといわれている。

論文を見る限り汁が出ている箇所やカサブタに効果があるみたい。皮膚の回復を早める効果があるのかな?鼻炎に対してはかいていないので分からない。

他に論文を探してみたけどこれ以外に論文はなかった。あんまり使われていない薬なのかなぁ。

 - 漢方薬

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2014y11m15d_152208922
アトピーで使われる漢方薬「紫雲膏」について効果や副作用をまとめてみた

  今日は漢方薬「紫雲膏」についての記事です。紫雲膏ってマイナーなのか …

2015y01m24d_210617660
アトピーで使われる漢方薬「柴胡清肝湯」について効果や副作用をまとめてみた

久々に漢方薬の事書いてみます。柴胡清肝湯の読み方はサイコセイカントウと読みます。 …

2015y02m20d_212908906
甘草に含まれる成分であるグリチルリチンはステロイドと同じ効果があるの?

甘草に含まれるグリチルリチンはステロイドと同じような働きをするらしいのでそういう …

2015y02m19d_043312896
アトピーで使われる漢方薬「太乙膏」について効果や副作用をまとめてみた

今日は神仙太乙膏についての記事を書いていきます。タイトルを太乙膏にしたのは勘違い …

2014y12m11d_002935886
アトピーで使われる漢方薬十味敗毒湯について効果や副作用をまとめてみた

今日は漢方薬の十味敗毒湯について書いていきたいと思います。読み方はジュウミハイド …

2014y12m20d_151928611
アトピーで使われる漢方薬の白虎加人参湯について効果や副作用をまとめてみた

今日は白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)について書いて行きたいと思います。漢 …

0488f86435759a1578eefc83823d7b5f_s
アトピーは瘀血を取り除くことで改善するって本当なのか?

瘀血の読み方はおけつといいます。漢方でよく使われていて意味としては流れにくくなっ …