アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

アトピーの赤い部分に保湿を塗ると逆効果って知ってますか?

   

17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_s

その保湿のやり方間違ってます!!というのがアトピーの人って非常に多い。

これは医者のあほんだらが指導しないのが100%悪い。薬の使い方塗り方説明しないとかありえないでしょー。

保湿ってスキンケアでは特に重要な部分なのに説明もせずに塗っといてねーで放置が多すぎる。

特に赤い部分(炎症)には保湿を塗ると痒くなったりヒリヒリしたり悪化することもあるよーって事を教えてあげるべき。

赤い部分に保湿は逆効果なんだけど良くしようとして保湿をベタベタ塗っている人もいる。これって殆どの人がはまっている落とし穴なんじゃないかなぁ。

 

Sponsored Link

 

保湿剤を塗るのはあくまで炎症の「予防」であって治すものではない

保湿剤で一番多い勘違いがこれ!保湿剤というのは炎症を治す物ではなく炎症を予防する。というのが適切な使い方なんだよね。

ステロイドを塗って炎症が治った。そこに保湿剤で適切にスキンケアしてあげると再燃の期間が3日から6日に延びるよーとかそういう感じで使う。

いや炎症と思われる赤いところには使ってないよ!ちゃんと使えてるという人少なからずいると思うんだけどその炎症の定義あってます?

うわー皮膚乾燥してめっちゃガサガサー保湿しないとーっていうのは乾燥ではなく炎症であることが殆どです。

 

Sponsored Link

ガサガサは乾燥ではなく炎症

ガサガサというのはその部分に水滴を落として染みこめばガサガサ。もし水滴をはじけばカサカサor正常な肌という目安になります。

このガサガサというのは皮膚の下でまだ炎症を起こしている免疫細胞が一杯いるんだよね。だから保湿剤を塗ると悪化するし染みたりする。

アトピーで保険適用されている保湿剤はワセリン、尿素(ケラチナミンやパスタロン)、ヘパリン類似物質(ヒルドイド、ビーソフテン等)の3種類。

この3種類の内殆どのお医者さんは保湿効果のある尿素、ヘパリン類似物質を処方すると思う。診察が終わって薬剤師さんから薬を貰うときにこういう説明を受ける。

この薬は保湿剤なので皮膚が乾燥(カサカサ)しているところに塗ってくださいねー。とこれがとんでもない落とし穴。

アトピー患者なんて年中カサカサ、ガサガサなのが当たり前だと思ってるからまずカサカサ(乾燥)とガサガサ(炎症)の区別が付かない。

だから勘違いしてガサガサのところに尿素を塗ってすっげぇ染みたりヘパリン類似物質を塗って炎症部分の赤みが酷くなったりする。

病院で処方される保湿剤って炎症のある部分に単独で使うとアトピー悪化するような成分ばっかり入ってる。

もしお風呂上りに保湿剤を塗った後皮膚を触って手触りが普通とは違うなという場合はステロイド(プロトピック)が必要です。

大事な事だから繰り返すけどガサガサは炎症だ。そういう場合は素直に抗炎症作用のある薬を塗りましょう。保湿剤にその効果はない。

皮膚の下に炎症細胞がいっぱいいるということは皮膚が正常に作られていないことを意味する。皮膚の下で火事が起きてるイメージね。

皮膚の下で火事がおきてるわけだから皮膚から作られる保湿成分やらセラミドが全然作られないわけ。だから皮膚がガサガサになる。

そこに保湿剤を塗ると一時期は潤うがまたすぐにガサガサになる。これじゃ意味がない。もぐらたたきやってるようなもんだ。

ステロイドを塗って炎症を抑えて皮膚が正常な状態に戻って初めてようやく皮膚の保湿成分やらセラミドが通常通り作られるようになる。

そこに保湿剤を塗ってケアするというのが適切な保湿の使い方です。

勘違いしないで欲しいんだけど炎症に保湿剤を塗るのが駄目であってステロイドと保湿の併用はOK。

炎症を治しつつ保湿因子を外から与えてあげるというのはアトピーのスキンケアの鉄板。

ステロイド使いたくなーいって時の皮膚のガサガサにはワセリンがお勧め

さっきガサガサに保湿は駄目っていったじゃん!言ってること矛盾してるじゃねーか。

って突込みがきそうですけれどもステロイド使いたくないって人もいると思うのでそういう場合はワセリンがいいです。

なんで尿素(ケラチナミンやパスタロン)、ヘパリン類似物質(ヒルドイド、ビーソフテン等)が駄目でワセリンはいいの?って疑問はあると思う。

前者は皮膚に浸透するように作ってあるんだけどワセリンは皮膚に浸透しない。あくまで皮膚の表面を保護するだけなんだよね。

だから染みもしないし赤くもならない。ただし保湿効果は前者と比べてかなり落ちる。浸透しないから当たり前だけれども。

ただし皮膚のガサガサだけで赤いところには塗っちゃ駄目。皮膚の赤いところは熱を持っていてそこにワセリンを塗ると熱がこもって痒くなるから。

経験のある人は分かると思うんだけどガサガサの部分にワセリンを塗るとだいぶ楽になる。

 

保湿って単純なように思えて奥が深い。たかが保湿と侮る無かれ。保湿の仕方によってはアトピーを悪化させることもあるし劇的に良くすることもできる。

 

 - 薬の塗り方(スキンケア)

Sponsored Link

Comment

  1. なな より:

    はじめまして。
    赤ちゃんの炎症についてですが、ワセリンがきかずステロイドも決められた期間使用して綺麗になりましたが、ヒルドイドとワセリンで保湿と言われましたがあっという間にもとに戻りました。

    炎症はステロイドを使わなければ治らないものなのでしょうか?

    • sobo より:

      アトピーの炎症の再燃を保湿剤だけで抑えるのは無理があります。

      大人だとステ(週2)+保湿の併用で8割。保湿オンリーで3~4割抑えられるといった報告があります。

      赤ちゃんの場合は大人よりもっと弱い皮膚ですから保湿オンリーだと相当厳しいんじゃないでしょうか。

  2. いなくろ より:

    こんにちは。初めてブログを読ませてもらい、ヒルロイド赤くなっている所に塗ったら悪化するというのを知りました。21歳の娘で、6年間ステロイド、ヒルロイドを塗り、全然治らない状態です。今年は首が特にひどく赤く腫れあがっています。昨年から、余り治らないので煎じる漢方を飲み始めました。
    就活もあり、実家きら離れて暮らすようになるので、少しでも特に顔を、ましにしてやりたいです。セラミドのサプリを、試したいとおもっています。とにかく、かゆみを覗いてやりたいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

e4d15243f58c478fd07d5d8ce7c0066a_s
入浴直後3分~5分以内に保湿剤を塗ると保湿効果が上がるというのは間違いだった

保湿剤を塗るならお風呂上りから3分以内で塗る。というのを皮膚科医から指示された人 …

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_s
病院で処方されるアトピーの保湿剤と上手な使いわけの仕方

  今日は保湿剤の使い分けについて書いていこうかなーと思います。実のと …

2014y11m08d_153414191
ワセリンのメリットとデメリットについて

今日はワセリンのメリット、デメリットについて書いていこうかなと思います。 本当は …

125b27c99d7b98645a1eacefd37f8918_s
アトピーで6年間重症患者だった僕がステロイドを無理なく減らす(減ステ)する方法を書いてみた

今日はコメント欄からいい質問があったので早速記事にしたいと思います。 この手の質 …

805d857054ff2d56a13b3b497525740d_s
塗り薬のクリーム(乳剤性基剤)の特徴についてまとめてみた

今日はクリーム(乳剤性基剤)の特徴について書いていきたいと思います。 クリームは …

2014y10m14d_024414028
アトピー患者の半数がステロイドをうまく使えていない!ステロイドの使い方を要チェック!

ステロイドはきちんと使えば怖い薬ではないというのが医者の常套句だがそれは裏を返せ …

2014y12m04d_152807745
アトピーで処方されるプロトピックってどういう薬なの?効果や副作用やステロイドとの違いをまとめてみた

今日はプロトピックについて書いてみたいと思います。プロトピックは1999年に発売 …

4d927332744a97fd7172af9d747a4f0c_s
保湿剤もステロイドもけちって塗ると効果が劇的に低くなる

保湿剤もステロイドもけちって使うと効果が低くなる。ということで今日は書いてみよう …

2014y11m08d_003251396
アトピーで使う白色ワセリンってどういう風に使えばいいの?使い方にピンと来ない人に是非読んでほしい記事

  アトピーの保湿剤と言えば真っ先に出てくるのがワセリンもしくはヒルド …

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
プロトピックで痒みが増す、ヒリヒリする、灼熱間が苦手!そんなプロトピックの違和感を無くす方法!

プロトピックを塗ると火照る、痒みが増す、ヒリヒリするというのは殆どの人が経験する …