アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

プロトピックって顔意外に使っちゃいけないの?

      2015/05/21

2014y12m04d_152807745

プロトピックは顔や首に使っていいけど体には使ってはいけない。といわれたことはありませんか?もしくは顔以外にはあんまり効果ないよって事で。

プロトピックは顔や首等の皮膚の薄い部分に良く使われるけど体に使っても問題ない。ただし使う際にはいくつかの注意ごとを守る必要がある。

まぁその前に基本的な塗り方を知らない人は多いのでこの記事を読む前にさらっと目を通しておくことをお勧めする。

アトピーで処方されるプロトピックってどういう薬なの?効果や副作用やステロイドとの違いをまとめてみた

僕の勝手な被害妄想ではその説明がめんどくさいからあいつらは体に使っちゃいけないんじゃないかと説明しているんじゃないかと疑っている。

それはさておきプロトピックを顔以外に使ってはいけないというのを説明するにはプロトピックが開発された理由を説明しなきゃいけない。

 

Sponsored Link

 

プロトピックは顔の酒さ様皮膚炎を防ぐために作られた薬

ステロイドの副作用に酒さ様皮膚炎と呼ばれるものがあります。顔にステロイド連用すると「酒さ」と呼ばれるような症状になることから酒さ様皮膚炎と呼ばれます。

今もまだこの酒さ様皮膚炎はメカニズムはよくわかっていないんだけどプロトピックがない当時はステロイドの副作用である毛細血管拡張がステロイドの酒さを起こしているんじゃないかと考えられていたようだ。

そう考えられていたのは単純に酒さの症状の一つに毛細血管の拡張が見られるから。ステロイドは非常に優れた抗炎症作用を持つ薬なんだけど欠点もあった。

その一つに顔にステロイドを連用すると酒さ様皮膚炎を起こす点。顔は角質層が薄く皮膚のバリア機能が弱いのでステロイドだけでアトピーの炎症をコントロールするのは難しかった。

連用をすれば酒さ様皮膚炎になるし連用しなければアトピーが悪化してしまう。皮膚の薄い部位のアトピーのコントロールはステロイドだけでは非常に難しい。そこで開発されたのがプロトピック。

この薬は毛細血管を拡張するという副作用がないので連用しても酒さ様皮膚炎はおこさない夢の薬。

これできっと誰しもが酒さは防げると誰しもが思っていたがプロトピック単独でも酒さ様皮膚炎を起こすことが報告されている。

じゃあプロトピックに存在意義はないのかという話なんだけど全然そんなことはなくてステロイドと違って皮膚萎縮がない点(皮膚の薄い部分でも気軽に使える)。

顔の赤みにはステロイドによく効くというメリットがあった為、今でもよく皮膚の薄い部分(顔や首)によく処方されている。

首や顔に処方されるのはプロトピックがステロイドと違う点で優れているため。プロトピックでも酒さを起こすけどそれでもステロイドよりは酒さを起こしにくいし顔の赤みにもよく効く。

一方で体に使う分にはステロイドよりプロトピックのほうが優れていると医者は思っているようなので体に使ってはいけないよという事なんじゃないかなと思っている。

実際に体にプロトピックを使う際は色々な制限がある。これらを守らずに使うとやはり危ない。医者はプロトピックはステロイドより安全だというがそんなことはない。

 

Sponsored Link

プロトピックは全身に塗ってはいけない

プロトピックには1日10gまで一回の使用で5g(チューブ1本)までと決まっています。一回使ったら8時間空けなきゃいけないという決まりごとがあります。

小児の場合はもっと複雑で体重で使用量が区切られています。

これはどうしてかというとプロトピックに含まれる発がん性物質が血中に吸収されたときある一定の濃度を超えると発がん性のリスク上昇があるためです。

顔や首に使う分には多くても一回の使用が1~2gですむと思うんだけど体に使うとなれば1回の使用でチューブ1本ですまない可能性がある。

実際はかなり余裕を取って塗る量を決めているので多少オーバーしても大丈夫だと思うんだけど全身に塗る場合はおそらく4~5本は使うと思うのでそれはちょっとまずい。

その説明をするのがめんどくさいのか発がん性の話をするのが嫌なのかどっちかわかんないけど体に塗っちゃいけないということでこのリスクを回避してるんじゃないだろうか。

 

炎症が酷い部分(汁が出ている箇所や皮膚が真っ赤になっている部分)や苔癬化している箇所に使ってはいけない

汁が出ている箇所というのは皮膚バリアの破壊が進んでいるところなのでプロトピックを塗っちゃいけない。それだけ薬の吸収率が上がるから血中濃度も上がりやすくなる。

なによりメチャクチャヒリヒリするのでそういう箇所にはステロイドのほうが遥かに向いている。

汁が出ている場合はきちんと亜鉛華軟膏を塗って知るを抑えた後殺菌、消毒する事。アトピーを重症化させないために凄い大事です。

アトピーの汁で悩んでるなら亜鉛華軟膏か亜鉛華単軟膏(サトウザルベ)がお勧め!

殺菌は特に重要でプロトピックを使っている人は抗菌ペプチドが低くなっているので感染症にかかりやすい。免疫抑制剤だからね。

石けんの使いすぎはアトピーを悪化させる!石けんの選び方とお勧めの石けんについてまとめてみた

アトピーの原因は黄色ブドウ球菌なの?黄色ブドウ球菌対策について徹底的にまとめてみた

苔癬化(たいせんか)している箇所はアトピーの炎症がとても重い部分でとても皮膚が分厚くなっている。

プロトピックは炎症を抑える力はステロイドほどでもないし薬の浸透性が低いので皮膚の分厚い箇所には不向き。

一方でステロイドは薬の浸透性が強く炎症を抑える力も強い。苔癬化は皮膚がぶあつく炎症も凄く強いのでステロイドのほうが向いているというわけ。

同様に皮膚の分厚い場所手や足にもプロトピックは向かないということも覚えておいて欲しい。

体に使う際には炎症の軽い部分かつ1回5gという使用量も守らなきゃいけないので体には中々使いづらい薬なのは確か。

間違えて使うと発がん性リスクの上昇やヒリヒリで夜眠れなくなったりお風呂に入れなくなる危険性もある。

それに比べてステロイドは1回の使用は何gでもOKだし炎症の酷い部分なら場所は選ばないし塗ってヒリヒリすることもない。という便利性がある。

じゃあ体に使う場合はどうすんねんってことなんだけどステロイドを塗って炎症がおちついてちょっと炎症が部分的に再燃してきたなというときに使うといいです。

プロトピックには皮膚の萎縮がないからその点はステロイドに比べて優れています。

僕がやってる使い方は炎症がひどくなってきたらステロイドを全身に1~2日塗ってその後炎症が治っていない部分をプロトピックでちょびといび塗ったりしてます。

この使い方だとヒリヒリすることも少ないしステロイドの塗って皮膚萎縮するリスクを回避できます。

ステロイドもプロトピック一長一短でいい点、悪い点がはっきりしてます。そこらへんを考慮して上手に使ってください。

 

 

 - プロトピック, 薬の塗り方(スキンケア)

Sponsored Link

Comment

  1. なー より:

    初めまして、こんにちは。
    質問があるのですが、プロトピックって頭皮に使っても問題ないでしょうか?もし、問題ないようでしたら、頭皮に軽い炎症が出たときにすごく便利だなと思うのですが…。

    • sobo より:

      別にいいと思いますよ。ただべとつきがあるので余り好んでは使われないでしょうね。

  2. アン より:

    sobo 様
    はじめてご連絡します。50代主婦です
    現在アトピーはそれほどひどくはないのですが、ストレスを、感じた時に、痒みが出ます。
    20代から敏感肌で、ダニ、ハウスダストのアレルギーがあります。
    化粧品かぶれなどで、40代くらいから、時々ステロイドを、塗りました。
    現在頬が、薄くなり、毛細血管が見えていると、皮膚科の医者に言われました。
    ここ2年くらい(記憶は曖昧ですが)ステロイドは、塗っていません。
    これ以上皮膚が薄くなるのが、嫌だからです。
    プロトピックを、時々塗っています。
    5月の29日から、6月4日まで1週間夜だけ、かゆみのある部分、炎症で赤くなっている部分(額、両ほほ)に、プロトピックを、ぬりました。
    6月5日、6日とも、入浴後夜、左右のほほが、30分くらい赤くなります。1週間塗る前は、こんなことはありませんでした。
    プロトピックは、塗っての皮膚が薄くなることは
    ないとの、認識でしたが・・
    (質問1)1週間塗ったことが何か、関係しているでしょうか?
    今後皮膚に痒みが出た場合、プロトピックをぬるのが、怖くなり、困っています。
    【質問2】鍼治療はなどは、効果があると思われますか?

    • sobo より:

      塗って皮膚が薄くなることはないですよー。炎症のある部分だから過敏に反応しているのかも?

      アトピーの軽い部位(腕とか足とか)にプロトピック塗ってみて反応を見てみればどうでしょう?

      鍼治療興味あるなら試してみてはどうですか。効く人には効くし効かない人には効かない。アトピーの治療ってそんなもんです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2014y11m08d_003251396
アトピーで使う白色ワセリンってどういう風に使えばいいの?使い方にピンと来ない人に是非読んでほしい記事

  アトピーの保湿剤と言えば真っ先に出てくるのがワセリンもしくはヒルド …

2014y12m25d_170418589
薬の塗り方の基本1FTU(ワンフィンガーチップユニット)を知っていますか?

今日は1FTU(ワンフィンガーチップユニット)について書いていきたいと思います。 …

6517955037741bfd1cbad78d14fcc95e_s
塗り方を知らないと危ない!ステロイドを塗るならここだけは絶対に抑えておきたい4つのポイント

ステロイドはネットであーだこーだ言われてるんだけど僕のスタンスは一貫して変わって …

2015y01m07d_004841849
アトピーの軟膏(油脂製基材)の特徴についてまとめてみた

  今日は軟膏タイプの特徴について書いていこうかなと思います。軟膏とい …

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
プロトピックで痒みが増す、ヒリヒリする、灼熱間が苦手!そんなプロトピックの違和感を無くす方法!

プロトピックを塗ると火照る、痒みが増す、ヒリヒリするというのは殆どの人が経験する …

2014y11m11d_152622449
アトピーで塗るワセリンってどうも固くて使いにくいなぁという人にはプラスチベースがお勧め

  ワセリンって使いにくくね?と思うことは誰でもあるんじゃないかなぁと …

2015y01m10d_180941173
ステロイドは薄めて出されるのにプロトピックはなぜチューブのまま出されるのか?

プロトピックって日本では顔や首に使われてて体には使われない印象がある。発がん性の …

2014y12m04d_152956195
プロトピックの副作用について発がん性やら紫外線やらについてまとめてみた

プロトピックの副作用の発がん性について。今日は書いてきます。プロトピックの使い方 …

fc9bbd195cd67844b25004dbf5d59aec_s
病院で処方されるアトピーの保湿剤と上手な使いわけの仕方

  今日は保湿剤の使い分けについて書いていこうかなーと思います。実のと …

179083af26b6480fdfa16b77e44dce0c_s
ステロイドを保湿剤で薄めるメリットとデメリットについて

今日はステロイドを保湿剤で薄めるメリットとデメリットについて書いていきます。 ち …