アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

アトピーにホホバオイルって本当に効果あるの?購入するのを悩んでる人向けに書いてみた

      2015/10/09

2015y04m12d_072542630

僕はけっこー前からゴールデンホホバオイルを愛用していて使っている。メールでホホバオイルってどうなんですかー?という質問を貰ったので書いてみることにする。

アトピーで悩んでいる人ならアトピーはホホバオイルがいいよって聞いたことがあると思うんだけど検索したらアトピーホホバオイル合わないとか検索で出てくるのね。

まぁそりゃ知識のない人は混乱するわなと思ったのでどんな人ならホホバオイルが効果があるかというのを書いてみることにする。

結論から言うとホホバオイルはアトピーにはとても役に立つ。しかし用途を間違えるとゴミと化す。

 

Sponsored Link

ホホバオイルでアトピーが悪化するのはなぜ?

アトピーの保湿剤と言うのは女性の化粧品選びのようなもので人によって合う保湿剤が違います。だからホホバオイルが合わなかったんでしょう。

で終わっちゃたら意味がないのでもうちょっと掘り下げて見ていきます。僕はアトピーで買うときって口コミって信じないのよね。

アトピーといっても症状は千差万別でこれ私にはよく効きました!といっても自分には効かないとかざらにあるね。

これでよくなりましたってビフォーアフターの画像乗せられてもいくらでも偽造できるわけだしさ。僕は超疑り深い。

口コミと言うのを基本的に信じていないんだけど口コミでも悪化した人の口コミというのはとても役に立つ。

悪化した人を見てなぜうまくいかなかったのか?という共通点を見つけるのは比較的たやすい。

というのも人間良くなったときより悪化したときのほうがインパクトがでかいので症状が詳細に書かれてあることが多いのだ。

というわけで使って悪化した人のブログを見ていこう。

http://plaza.rakuten.co.jp/mongaga/diary/201309270000/

まずは上のブログ。これはホホバオイルによるかぶれです。ホホバオイルは比較的かぶれにくいですが植物性なので花粉やら植物にアレルギーを持っているとかぶれてしまう人もいます。

僕は杉花粉持ってるんだけどホホバオイル使っても大丈夫です。あくまで植物性のアレルゲンに反応する人は可能性が少し高くなるというだけです。

皮膚に付けるものは全てカブレを起こす可能性がある。100%安全なものなんてものはないから必ずパッチテストしようね。これは肌の弱い人なら必須。

ちなみにパッチテストのやりかたは正常な部位の皮膚に10円玉大で塗って自然乾燥させて24時間放置。

僕はお風呂上りにやって次の日のお風呂に入る前に入る前に確認します。炎症のピークは48時間後だけど24時間でも余裕で分かる。

http://okajimasatoshi.hatenablog.com/entry/2014/12/02/230052

これはホホバオイルの使い方が間違ってます。皮膚の炎症があるときに保湿剤を塗るのは禁忌で塗るとアトピーが悪化します。

むしろ塗らないほうがまし。ホホバオイルに抗炎症作用はないので炎症のある部分には抗炎症作用のある薬をセットで塗ること。

皮膚の状態が悪くなると今まで使っていた化粧品が駄目になったり今まで食べて大丈夫だった物でも急に痒くなった経験をした人は多いんじゃないかと思う。

あれは難しい言葉で言うと皮膚の過敏性亢進といって皮膚の状態が悪いとあらゆる物に反応しやすくなる。そういうときに保湿剤を塗ると保湿成分そのものに反応してしまうことがある。

脱ステ中は特に顕著でステロイドのせいで皮膚がおかしくなっていて特に反応しやすくなっている。

だからこういう炎症が酷い場合は一旦炎症を抑えてホホバオイルで保湿してあげると肌になじむと思う。

 

調べていて思ったんだけど悪化した人の共通点はホホバオイルは安全だという口コミを信じて炎症ある皮膚に塗って悪化する人が多いみたい。

特に脱ステしてる人が多かったかな。ホホバオイルは刺激性はそんなに高くない。

でも脱ステしてて皮膚の状態が悪いときに使うとかぶれを起こすこともあるから使う際は注意が必要です。必ずパッチテストしてね。

これはホホバオイルが悪いんじゃなくて売っている人が悪いよね。きちんと商品のデメリットを伝えるべき。

Sponsored Link

ホホバオイルを肌への保湿目的で使うなら精製済みのホホバは使うな

  クリームによる皮膚水和の研究: O/Wクリーム成分の皮膚水和に与える影響

2015y04m12d_054819309

水分を閉じ込める能力を測ったもの。ワセリンが93.8に対して精製済み(白色)のホホバオイルは29しかない。大雑把に計算しても3倍違い差がある。

はっきりいってしまえばホホバオイルを保湿に使うならそれに似たワセリンがある上安価なのでそれをつかっておけということになる。

これはクリームに対して入れるならと言う前提で計ったので安いホホバオイルが使われている。

ワセリンが合わないから試しにホホバオイルを使ってみたいとか保湿目的で使ってみたいという人は肌にいい栄養素がたっぷり含まれるゴールデンのほうを使わないと絶対に後悔する。

ワセリンの水分を閉じ込める能力は半端じゃないのだ。しかも安価だからね。

ホホバオイルの未精製(ゴールデン)と精製済み(白色)の違い

まずは精製済み(白)のホホバオイルから。これは主に加工用です。シャンプーとか化粧品に入ってるほうはこっち。色は無色透明なので混ぜるとクリアな感じになる。

使うメリットはアレルギー反応を起こしにくい。値段が安い。抗菌作用がある。という点。

デメリットは使用感が悪くべたべたする。ワセリンに似てる感じ。ビタミンやミネラルなどの栄養がごっそり抜けているという点。

アレルギーを起こしにくい点は◎なんだけどビタミンやミネラルがごっそり抜けているので保湿効果はワセリンに劣る。

未精製(ゴールデン)のほうは使用感がさらっとしていて使いやすい。抗菌作用あり。皮膚に関する栄養素が豊富。

色はまさに黄金と言う感じでデメリットは値段が高い。しかし僕はこれを使っている。こんだけだとどういう風に使い分けるかわからん人は多いと思う。

最近感染を防ぐ目的なら安いほうで充分だけど保湿や使い勝手ならゴールデンを薦めておく。

次は僕がなぜゴールデンのホホバオイルを使っているかというのに触れて行きたいと思う。

頭皮の保湿剤目的に使うならゴールデン使っとけ

安いホホバオイルって髪の毛に使うとワセリン塗ったみたいにねちゃねちゃすんのよ。僕はそれが嫌でこれを使っている側面がある。

ゴールデンのほうは自然と髪になじむ感じで塗ってから15分するとすっと髪になじむ感じになる。肌に合ってるんだろうな。

保湿剤の使用感というのはすげぇ重要。毎日ねちゃんrちゃしたものを髪の毛に付けて不愉快な思いをすることはない。

更にゴールデンのホホバオイルに大量に含まれるビタミンDが表皮バリアを修復させることもわかっている。これは安いホホバオイルにはない。

知ってると思うんだけどアトピー向けの頭皮用の保湿剤って保険適用でないんだよね。

ヒルドイドとかケラチナミンを頭皮に塗る人もいるみたいだけど僕にそれは無理。なのでオイルタイプならこれをお勧めしとく。

クリームのほうがそりゃ保湿効果歯高いだろうけど使用感が悪すぎるよね。

髪の毛に使う分にはそんなに使わないので1~2ヶ月ぐらいは持つのでそんなにコスパも悪くない。

ステロイドが効かなくなるのが怖い人はゴールデンのホホバオイルを

僕がお勧めするのはステロイドを使っている人。ステロイドが効かなくなる原因の一つに細菌感染があるんだけどそれを防ぐのにはホホバオイルが最も適しています。

僕はブログでしつこく細菌感染に対するリスクを説明していますがそれは細菌感染に関するリスクを軽視してステロイドが以前に効かなくなったことがあったからです。

効かなくなって以降僕は細菌感染の減少を目的で安いほうのホホバオイル使ってました。ホホバオイルはアトピーで最も注意すべきである細菌感染のリスクを下げます。

これは精製済み(白)でも未精製(ゴールデン)でも変わらない。ホホバオイル自体に抗菌作用があるからね。

ホホバオイルにティーツリーを混ぜて使うといいと言われるのはこの為で更に抗菌効果が上がる。

ミシガン大学のテストでは、「カンジダ菌、ブドウ球菌アウレウス(黄色ブドウ球菌)やシュードモナス菌を含む、一般的な皮膚に悪影響を及ぼすバクテリアのうちの5つが、ホホバオイルの中で生き残ることができない」ことを明らかにしました。
ポートエリザベス大学で、ホホバオイルのバクテリア破壊力を研究したところ、「ホホバオイルはブドウ球菌やシュードモナス菌を1時間15分以内に破壊した」ことを発表しています。

http://www.naturalorchestra.com/about/atopic2.html#01より引用

 

ブログで情報を集めているとゴールデンのホホバオイルに大量に含まれるビタミンDがステロイドに対する細菌感染増加のリスクを軽減させることが分かってきた

僕はその時点で精製済みのホホバオイルからゴールデンホホバオイルに切り替えています。

元の論文を引用しても英語で読みにくいと思うので深谷先生のブログを引用します。

ビタミンD外用はステロイド外用剤の副作用を軽減する

最後のステップである、1α位のOH化は、腎臓がメインですが、最近、表皮細胞にもこの機能があることがわかってきました。表皮もまた、活性型ビタミンDの最終的な産生の場だということです。そして、表皮の活性型ビタミンDが増えると、それ自体がビタミンDレセプターを誘導したり、さらなる活性型ビタミンD産生に必要な酵素を誘導するというUpregulate機構があるようです。
従って、少量のビタミンDを外用してやると、それがきっかけとなって、増幅された効果が表皮にもたらされます。

このビタミンDの表皮への効果ですが、二つあります。
1)傷害された表皮バリア機構の修復
2)抗菌ペプチド(ディフェンシンやカテリシジン)の産生

です。

http://steroid-withdrawal.weebly.com/12499124791251112531d2280629992123991247312486125251245212489228062999221092123982110320316299921243436605281871237712427.htmlより引用

1については僕は当初はおまけ程度にしか考えていませんでしたが頭皮への保湿に使い始めると中々効果を実感できます。

僕が頭皮にステロイドを使わないのでというのもあるんだろうな。頭皮の痒みも減りましたし乾燥も減った。

2が本命でステロイドは抗菌ペプチド(ディフェンシンやカテリシジン)の産制を低下させます。抗菌ペプチドというのは感染症に対する免疫力といえばピンっとくるかな。

抗菌ペプチドの産制が低下すると様々な感染症にかかりやすくなります。アトピーの人は元々抗菌ペプチドが出にくい体質になっている人もいる。

抗菌ペプチドは汗に含まれるんだけどアトピーの人は汗をかくと凄く痒くなるので基本的に運動をあまりしない。

その為汗が出にくい体質になっていて抗菌ペプチドが少なくなっている人が非常に多い。感染症の代表的なものが黄色ブドウ球菌とカビ(カンジダ)です。

ステロイドは感染症に使うと駄目というのは抗菌ペプチドを減らしてしまって感染症が悪化するから。ステロイドを使うとどれぐらい減るのかと言うと・・・

2015y04m04d_035834456

http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=116より引用

まー洒落にならないぐらい抗菌ペプチドが下がるわけ。ステロイドを使って治療しても見た目は良くなるが感染症のリスクは減るわけではない。

このグラフを見ると薬物治療をしないと感染症にかからないように見えるけど感染症は皮膚の傷口があればそこから感染しやすくなるのでステロイドで治療するのとあまり変わらない。

どちらにせよアトピーの人は感染症にかかりやすいので感染症対策はしておくべきです。それに向いているのがホホバオイル。

抗菌作用を持っていてビタミンDが大量に含まれている保湿剤は今のところゴールデンホホバオイルだけ。

もしステロイドが効かなくなったら

まずはイソジンでの消毒、超酸性水での殺菌が必要です。皮膚は普通に見えても黄色ブドウ球菌、カビが皮膚に異常繁殖しています。

黄色ブドウ球菌やとびひ対策には安価かつお手軽なイソジン治療がお勧め!

アトピーの黄色ブドウ球菌対策には超酸性水がお勧め!

どちらを選べばいいかはケースバイケース。イソジンは安価かつ殺菌が強いが皮膚刺激が強い。

超酸性水はただの水を打っている詐欺まがいのところもあり、値段も高いが安全性が高いです。ただし使用し続けると皮膚への刺激も高くなります。

それと同時に黄色ブドウ球菌には抗生物質、カビには抗菌剤が必要になってきます。イソジン、超酸性水はあくまでフォローです。

医者に検査してもらってください。イソジン、超酸性水は殺菌には適していますが感染症の予防に常時使うのは向きません。皮膚のいい菌まで殺してしまうので。

ホホバオイルは抗菌なので皮膚のいい菌を殺すその心配がない。唯一抗菌作用のあるものでホホバオイルは刺激にならない。むしろ皮膚を保護してくれます。

感染症にかかるとアトピーが悪化しステロイドが効かなくなる

感染症にかかるとあらゆるアトピーの努力が無駄になります。食事制限してもどんだけ睡眠とってもどんだけ薬塗ってもアトピーの悪化は止まりません。

というのも感染症の原因である黄色ブドウ球菌やカビ(ガンジダ)は皮膚に住んでいて皮膚の上で異常繁殖するとアレルギー反応を悪化させるスーパー抗原を産生します。

このスーパー抗原と言うのがどれぐらい強いのかと言うとステロイドが効かなくなってきたと錯覚させるほど強いアレルギー反応を起こします。

黄色ブドウ球菌やカビ(ガンジダ)は通常異常繁殖することはありませんが抗菌ペプチドの産生が減ると異常繁殖しやすくなります。

一度増えるとステロイドを塗っても減らないばかりか抗菌ペプチドが減りどんどん増え続けることになるのでステロイドが効かなくなります。

そうなってしまう前にホホバオイルで予防しておこうと言うのが僕がゴールデンを使っている目的です。

僕が効かなくなった原因はカビ(ガンジダ)にステロイドを塗り続けたことが原因でした。別に毎日ステロイドを塗っていたわけじゃありません。

感染症の怖いところは素人ではアトピーと感染症の見分けがつかないところ。

ちなみに医者でもヤブひくとアトピーと誤診されて終わります。そして皮膚科医は非常にヤブが多い。後は分かるな・・・?

そこでアトピーの悪化でしょう。と言われてステロイドポーンと出されたら終わりです。

どれぐらい見分けが付かないのかと言うと・・・画像で見てもらうのが分かりやすい。

これはアトピーでしょうか?それとも感染症でしょうか?あなたはどちらだとおもいます?

2015y04m04d_041451986

http://plaza.rakuten.co.jp/drkameyama/diary/?ctgy=31より引用

2015y04m04d_041738891

http://plaza.rakuten.co.jp/drkameyama/diary/?ctgy=31より引用

2015y04m04d_041818791

http://plaza.rakuten.co.jp/drkameyama/diary/?PageId=1&ctgy=31より引用

これ全部アトピー+カビ。わかるわけない。これにステロイドを塗ると最初は効くがステロイドはカビを増やすのでドンドンカビが増えていく。

僕の場合もカビの異常繁殖が原因でステロイドが効かなくなった経験がある。あれは焦った。

これの何がやばいって全然普通のアトピーと見分けが付かないの。だから気づかずにステロイド塗っていくとどんどん酷くなる。カビの治療には抗菌剤が必要です。

僕は途中でこれは普通のアトピーじゃないなと思ってステ塗るのをやめて抗菌剤(カビを退治する薬)を塗ってよくなったからいいけどカビだと気づかずにステロイドを塗り続けるとこんな感じになる。

2015y04m04d_042214054

 

ttp://plaza.rakuten.co.jp/drkameyama/diary/?ctgy=31より引用

こんな風に重症アトピー(アトピー+感染症)が出来上がる。重症アトピーって大抵感染症併発してるから。そんなんにステ塗っても治るわけない。

感染症って普通のアトピーと見分けが付かないからこそめっちゃ怖いのよ。だから僕はその予防の為にホホバオイル使ってる。

僕には感染症と普通のアトピーを見分ける観察眼はないから予防を徹底してる。気づいたのはたまたまで運が悪かったらそのまま重症アトピー一直線だった。

ホホバオイルがただの保湿剤なら僕は使わないけど感染症を予防する保湿剤としては非常に優れているので使っています。

日常生活でステロイドを使っている人、頻繁に感染症にかかる人は是非感染症の予防にホホバオイルを使ってみてください。

使い方は簡単で頻繁に使う部位にステロイドを塗った後数滴塗るだけです。感染症にかかってからでは遅いです。

 - ホホバオイル, 保湿剤

Sponsored Link

Comment

  1. 匿名 より:

    今日ニュースで、(アトピーは単にアレルギーではなく細菌の異常感染によっておこることがわかったと発表された)って流れましたね。soboさんが既に説明してくれることを今さら?と思ってしまいました。
    ステロイド以外での治療もこれから検討されるようなことも言ってたので、これで少しはまともな医者が増えて、アトピーが良くなる人が増えることを願うばかりです。

    • sobo より:

      動物実験なんでそんなにすぐには変わらないかもですねぇ。抗生物質乱用とかしなきゃいいんだけど・・・

  2. 匿名 より:

    ブログ大変参考にさせてもらってます。

    プロトピックを処方してもらったのですが、プロトピックの場合も抗菌ペプチド下がりますか?
    幸いホホバオイルに荒れる事なく使用できているので、塗ったほうがいいですか?

    • sobo より:

      プロトピックも同じ免疫抑制剤なので下がります。ただステロイドと作用が違う免疫抑制剤なのでステロイドよりはマシかと。

      アトピーで感染症にかかりやすい人は予防になるので頻繁に使う部位には塗ってあげたほうがいいかと。

      ホホバオイルはあくまで一つの手段なので石鹸やイソジンや酸性水等を上手に組み合わせてくださいな。

  3. 匿名 より:

    息子のアトピーを治したくネット検索していたところ此方に辿り付きました。病院では教えてくれない事など沢山あり、とても参考になりました。それで質問なのですが、掌と足の裏か特に酷く、皮がむけてたりひび割れたように赤くなってたり痒がっている状態で亜鉛華軟膏とヒルロイドローション、アレルギーの飲み薬を処方され半年以上経つのですがイマイチ効果が得られず、つい最近ステロイド剤も追加処方されました。飲み薬とヒルロイドローション+ステロイド+亜鉛華軟膏で2週間様子を見ましょうとの事ですが、ヒルロイドローションの効果もイマイチなので、ホホバオイルに変更しようかと悩み中です。ヒルロイドローションとホホバオイル、どちらが良いでしょうか?アドバイス頂きたくよろしくお願いします。

    • sobo より:

      こんばんは~。掌と足の裏が酷いと言うのはアトピーでは中々珍しいですね。水虫の検査はしてもらいましたか?

      もしされていないのなら病院を変えたほうがいいと思いますが。

      皮膚の状態を見ていないのでなんともいえません。ですが皮膚の状態が悪いのならホホバオイルよりワセリンのほうがいいと思いますよ。

  4. 匿名 より:

    早速のお返事ありがとうございます。膝の裏や手首などにも痒みを伴う湿疹と赤みが出てますが、一番酷いのはやはり掌と足裏です…保育園では屋外屋内どちらも裸足保育の上、竹馬やら鉄棒の練習があるので酷くなるのは仕方ないのかもしれませんが、少しでも治してあげたくてアドバイスお願いしました。今通ってるのはアレルギーを主に専門とする小児科で他に喘息の診断もされています。水虫の検査はしていません。ワセリン試してみようと思います!その場合ワセリン→ステロイド→亜鉛華軟膏の順に塗れば良いのでしょうか?重ね重ね質問で申し訳ないのですが、またお時間ある時にお返事頂けたら助かります…よろしくお願いします。

    • sobo より:

      亜鉛化軟膏とワセリンの併用はどういう順番で塗ればいいのかわかりません。用途が全然違いますので。

      少しでもお子さんを楽にしてあげたい気持ちは分かりますが治療法を試す前に主治医の許可はきちんと取りましたか?

      今度病院に行ったときに薬の塗り方や疑問点等を洗いざらい聞いておいたほうがいいと思います。

  5. 匿名 より:

    早速のお返事ありがとうございます。主治医の許可はまだ取っていませんでした…少し先走りすぎましたね汗 次回受診の時に許可も
    含め塗り方など聞いてみようと思います。これからもこちらのブログ愛読させて頂こうと思ってます。また何か質問した際にはアドバイスよろしくお願いします。お返事ありがとうございました。

  6. 匿名 より:

    3歳の娘がアトピーとは診断されていないものの、疑いがある状態で色々調べたり試したりしています。
    以前、ホホバオイルも試してみましたが、娘にはあまり合いませんでした。この記事を読んで、精製済みのものだったから良くなかったのかもと思い当たりました。
    また先日、たまたまシアバターがアトピーに効くという情報を見つけて娘にも試してみたところ、夜中に目が覚めて痒くて寝付けない、という現象が改善されたので効果がある気がしています。
    色んな要素が絡むため、シアバターが良かったのかどうかは特定できていませんが、この記事を読むと、抗菌&ビタミンD&保湿というところで共通していたのであながち間違いではないかもと考えました。
    シアバターの記事は見当たらなかったので、機会があればシアバターについて詳しい記事をアップしてもらえると嬉しいです。
    個人的にはココナッツオイルも気になっています。

    • sobo より:

      シアバターはネットでいいというのをちらほらみたんですがどうだったかなー・・・。

      ココナッツオイルはピーナッツアレルギーを発症するリスクがあるので駄目です。万が一を考えての事ですね。

      ピーナッツアレルギーはアレルギーとしてとても重いものでアレルギーの人が誤食すると死ぬ可能性もあるアレルギーです。

      • mamaoy より:

        返信ありがとうございます。とりあえずシアバターを続けていますが、悪くない感じです。
        ココナッツオイルは既に食事には使ったことがあるのですが、常用はやめておきます。
        追加で鳥肌の記事を読んだところ、娘の背中が同じ状況である気がしました。
        それとは別に、手首、足首、肘裏、膝裏は掻いてよく赤いプツプツができるのですが、先日、首にあせもができて市販のあせもの薬を塗るついでに塗るようにしてみたらそれ以降、悪化しなくなりました。
        アトピーかどうかわかりませんが、酷くなると皮膚科でステロイドを処方してもらって1ヶ月くらいがっつり塗ってやめる、というのを数ヶ月おきに繰り返していたのですが、最近は酷くなっておらず、皮膚科のお世話にならずに済んでいます。
        引き続き、soboさんの記事で勉強しつつ、また何かあればご報告や相談させていただきたいと思います。
        有用な記事をたくさんありがとうございます。

  7. toku より:

    無知ゆえの見当違いでしたらすみません
    記事中の保水力?を示した表なのですが、18なのはオリーブオイルではないのですか?(ワセリンとは比較にならないのは同じなのですが)
    ホホバとある項目の数値が未精製で、オリーブオイルとある項目の数値が精製済み、という意味か?と脳内補完しそうになって、結局納得出来なかったので教えて頂けたら嬉しいです

    • sobo より:

      すすいません。僕が間違えてました。オリーブオイルが18でホホバオイルが29でした。指摘ありがとうございました。

  8. nao より:

    こんにちは!
    このブログを見てアトピー改善頑張っています。

    ホホバオイル購入したいのですが、値段の幅が広すぎてどれを選べばよいでしょうか。
    50mlで500円のものもあれば、3000円するものもありますよね。
    私は学生なので高いものは手を出しずらいのですが、でも安価なものは防腐剤が入っていると噂を目にして怖くて買えません。
    ぜひ管理人さんの選ぶ基準をお聞きしたいです。
    おねがいします。

    • sobo より:

      いやそれは全部記事に書いてあるんですけどね。

      ワセリン塗ると悪化する人はホホバとかは合わないんで市販の安いクリームとかのほうがあうんじゃないかなぁ。

      手ごろなのはキュレルとかかなー。

  9. pote より:

    始めまして、とても詳しい記事を参考にさせていただいております、 相談なのですが、アトピーではなく目の周りだけ酷い乾燥肌と診断され少量のステロイドが含まれているエキザルベと言う塗り薬を処方されてから、現在は脱ステ中の反発反応中でまぶたが赤く腫れて、突っ張るような状態です、もう何して良いかわからず何も塗っていません、何か塗るべきですか?

    • sobo より:

      主治医はいないんでしょうか?瞼というデリケートな部位なので僕にはちょっと判断しかねます。

  10. チョコ より:

    はじめまして。ステロイドがどうにも塗っても良くならず色々検索していてここにたどり着いて色々勉強になり、ホホバオイルにティートゥリーを混ぜて塗り始めたところビックリするくらい赤身が引いてカビか感染症が原因だと分かりました。今もホホバオイル使いつつステロイドも併用しています。そこでお伺いしたいのが塗る順番です。上記にはステロイド塗ってからホホバオイルと書かれてましたが、私は逆で保水→ホホバオイル→ステロイドの順に使ってますが先にステロイドのがいいのでしょうか?

    • sobo より:

      これはどっちでもいいですよー。皮膚科医でも意見が割れてるんで。どっちも正解です。

      僕はオイルの感触が広がるのがいやなんでステ→ホホバオイルで塗ってました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2014y11m11d_152622449
アトピーで塗るワセリンってどうも固くて使いにくいなぁという人にはプラスチベースがお勧め

  ワセリンって使いにくくね?と思うことは誰でもあるんじゃないかなぁと …

2014y11m08d_003251396
アトピーで使う白色ワセリンってどういう風に使えばいいの?使い方にピンと来ない人に是非読んでほしい記事

  アトピーの保湿剤と言えば真っ先に出てくるのがワセリンもしくはヒルド …

2014y11m20d_193039672
アトピーで使われる親水軟膏ってどういう塗り薬なの?

今日は親水軟膏について書いていきたいと思います。コメントでそういうお願いがあった …

2014y11m08d_153414191
アトピーで使うプロペトってどういう風に使えばいいの?使い方にピンと来ない人に是非読んでほしい記事

  アトピーの保湿剤と言えば真っ先に出てくるのがワセリンもしくはヒルド …

2014y11m08d_153654937
アトピーで使うサンホワイトってどういう風に使えばいいの?使い方にピンと来ない人に是非読んでほしい記事

  アトピーの保湿剤と言えば真っ先に出てくるのがワセリンもしくはヒルド …

2014y12m27d_174424845
アトピーで使われる尿素の保湿剤ケラチナミンについてまとめてみた

今日はアトピーで使われる保湿剤ケラチナミンについて書いていきたいなと思っています …

2015y04m15d_051637728
アトピーに馬油って本当に効果あるの?馬油の効能と使い方についてまとめてみたよ

今日は馬油について書いていきます。これ読み方「うまゆ」じゃなくてバーユっていうら …

287007ebba79607feaf9f1d97943427d_s
しみない!赤くならない!痒くない!アトピーで敏感肌用のクリームを選ぶコツを書いてみたよ!

アトピーの人なら敏感肌用のクリームや化粧品というのを一度は使った経験があるかと思 …

2014y11m12d_174010241
アトピーでヒルドイドを使っている人はヒルドイドと同じ主成分を使ったビーソフテンもお勧め!

今ヒルドイド使っているという人は是非ビーソフテン使ってみてください! ヒルドイド …

2014y11m08d_153414191
ワセリンのメリットとデメリットについて

今日はワセリンのメリット、デメリットについて書いていこうかなと思います。 本当は …