アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

アトピーの軟膏(油脂製基材)の特徴についてまとめてみた

   

2015y01m07d_004841849

 

今日は軟膏タイプの特徴について書いていこうかなと思います。軟膏というよりは油脂製基材が正しいかも。

わかりやすくいうと塗ってベタベタする奴。アトピーの薬で油脂製基材は多いです。大体の薬が軟膏とクリームで分かれてますよね。

ステロイドなんかもそうだし保湿剤もべとべとしてる奴とクリームタイプの奴あるよね。今日は軟膏(油脂製基)の特徴についてまとめてみました。

Sponsored Link

 

油脂製基材(軟膏)の特徴

2015y01m06d_155006751

http://www.maruho.co.jp/medical/academic/infostore/rvcck40000000649-att/vol01_05.pdfより引用

クリームとの違いは色々あるんだけどあんまり知らない人が多いんじゃないだろうか。油脂製基材というのは大きく分けて鉱物性と動植物性に分かれます。

この表に入っていない中で有名のは馬油とかホホバオイルとかかな?あれも油脂製基材(軟膏)の一つで動植物性です。

鉱物性はたまに天然ものじゃないから危ないとかよくわからん事いう人いるけどめっちゃ安全ですし人工物のイメージ強いけどめっちゃ天然物です。石油が人工物ならもうエネルギー問題解決してます。

アトピーに限って言えば「天然物だから安全。合成だから危険」という思考はごみばこに捨てるべきです。

鉱物性の最大の特徴は化学反応を起こしにくいかつ不純物が少ないこと。この特徴をもっているので色んなものに混ぜられます。

使用感がねっとりあるいはさらさらしているものには油脂製基材が混ぜられていることが多いです。

一方で動植物性はそれ自体が何らかの保湿成分を持っているものが多かったり人の皮膚になじみやすいというのが最大の特徴です。

だからこれがベースになって塗り薬が作られることもあるし少量入れて保湿成分として使われることもあります。使用感は鉱物油よりは使いやすいものも多いかな。

デメリットは何らかのアレルギー反応を起こす可能性があること。例えばアズノール軟膏に含まれているラノリンは羊の毛脂ですがアレルギー反応を起こすことで有名です。上の表にもありますね。

天然の植物エキス○種配合と書いてあるのはそれだけ保湿成分が添加されているけどそれだけアレルギー反応を起こしやすくもなっている。

メリットもあるけど当然デメリットもある。植物エキスなは特に花粉症持っている人には危険だと思う。

 

クリームと違って皮膚に優しい

軟膏は皮膚をやわらかくして傷ついた部分を覆い肉芽形成を助ける作用があります。簡単に言うと皮膚の傷を治るのを早くして再生を助けるって事。

クリームは使用感を重視しているためあんまりお肌に優しくはないです。

クリームは水と油を混ぜるためにどうしても界面活性剤を入れなきゃならないし防腐剤や酸化防止剤、PH調整剤が入ってます。

その点で軟膏と比べて添加物が増えて皮膚が敏感なアトピーの人にはどうしてもアレルギー反応が起こるリスクが増えます。赤くなったり痒くなったりとね。

特に皮膚の状態が悪い時は普段反応しないものでも反応しちゃうのでそういう場合は軟膏が安定。

その証拠に同じ薬の軟膏とクリームの副作用率を調べると殆どの薬でクリーム>軟膏の順番に副作用率が多くなっています。

 

使える炎症の適用範囲が大きい

2015y01m06d_161744701

http://www.babajiro.com/babajiro/news/20130418steroid/steroid.htmより引用

軟膏は紅斑(赤くなってるところ)や丘診(ぶつぶつ)にも万能に使えます。クリームはびらん(汁がでていて傷深い箇所)や潰瘍(びらんより深くえぐれている傷)には使えない。

アトピーの人は軽度ならクリームも選択肢に入るけど症状が重くなると軟膏のほうがお肌に優しいです。

クリームだとしみたりかぶれが起こるリスクや炎症や傷のある皮膚だと薬剤の成分が浸透しすぎて副作用のリスクが高まるという理由からです。

特にステロイドの強いクリーム(軟膏はOK)やプロトピックは基本的に糜爛のある箇所には禁忌です。僕も治療の初期はステロイドの軟膏を使いました。

 

2015y01m06d_235152565

http://www.maruho.co.jp/medical/academic/infostore/rvcck40000000649-att/vol06_05.pdfより引用

上の図はアンテベートの軟膏、クリーム、ローションの薬の浸透性を図ったものです。傷や炎症のある部分には軟膏が適しています。

軟膏は皮膚には優しいですが浸透性(効果)がいまいちなのである程度皮膚の状態が良くなってくれば保湿剤に関しては軟膏よりクリームのほうがいいです。

正常な皮膚であれば多少の刺激でも悪化することはないし軟膏だとちょっと物足りなくなってくるはずです。

 

軟膏(油脂製基材)の特徴は一言でまとめるとメリットは皮膚に優しい。比較的どんな炎症にも使える。デメリットは使用感が悪い。皮膚への浸透性(効果)が低いです。

上手く特徴をつかんで使い分けするのがいいと思う。

 - 薬の塗り方(スキンケア)

Sponsored Link

Comment

  1. 音付 より:

    ステロイドは1群~5群まで存在しますが、抗炎症作用の強さの数値ってわかっているのでしょうか? たとえばアンテベーとロコイドは10:1のような(これは適当で実際はわかりませんが)。

    • sobo より:

      1ランクあがるたびに倍倍の強さになります(あくまで単純に考えてですが)

      アンテベートを1日1回塗るのとリンデロンを1日2回塗るのはほぼ効果が一緒って感じですね。

      僕は朝塗るのがめんどくさいんで強いステロイドを1日1回塗ってます。

  2. 音付 より:

    倍ですか。わかりました。ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2014y11m11d_152622449
アトピーで塗るワセリンってどうも固くて使いにくいなぁという人にはプラスチベースがお勧め

  ワセリンって使いにくくね?と思うことは誰でもあるんじゃないかなぁと …

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
プロトピックで痒みが増す、ヒリヒリする、灼熱間が苦手!そんなプロトピックの違和感を無くす方法!

プロトピックを塗ると火照る、痒みが増す、ヒリヒリするというのは殆どの人が経験する …

17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_s
アトピーの赤い部分に保湿を塗ると逆効果って知ってますか?

その保湿のやり方間違ってます!!というのがアトピーの人って非常に多い。 これは医 …

2014y10m14d_024414028
アトピー患者の半数がステロイドをうまく使えていない!ステロイドの使い方を要チェック!

ステロイドはきちんと使えば怖い薬ではないというのが医者の常套句だがそれは裏を返せ …

2014y11m08d_153414191
ワセリンのメリットとデメリットについて

今日はワセリンのメリット、デメリットについて書いていこうかなと思います。 本当は …

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s
医者から保湿剤のぬり方は教えてもらった?正しい保湿剤の使い方を要チェック!

  保湿剤のぬり方を今日は書いていこうと思います。残念ながら殆どの人が …

2014y11m08d_003251396
アトピーで使う白色ワセリンってどういう風に使えばいいの?使い方にピンと来ない人に是非読んでほしい記事

  アトピーの保湿剤と言えば真っ先に出てくるのがワセリンもしくはヒルド …

6517955037741bfd1cbad78d14fcc95e_s
塗り方を知らないと危ない!ステロイドを塗るならここだけは絶対に抑えておきたい4つのポイント

ステロイドはネットであーだこーだ言われてるんだけど僕のスタンスは一貫して変わって …

2015y01m10d_042536659
勘違いをするととんでもないことになる!プロアクティブ療法のやりかたについて勉強しよう

プロアクティブ療法のやりかたについて書いていこうかと思います。この記事にやりかた …

e4d15243f58c478fd07d5d8ce7c0066a_s
入浴直後3分~5分以内に保湿剤を塗ると保湿効果が上がるというのは間違いだった

保湿剤を塗るならお風呂上りから3分以内で塗る。というのを皮膚科医から指示された人 …