アトピー攻略ブログ

アトピーを完治させたい全ての患者へ。医者に依存せずに考える患者になるために。

10分で出来る普通のアトピーとステロイド依存の見分け方について

   

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

今日のテーマはアトピーとステロイド依存の見分け方について。

普通のアトピーと正確にはステロイド外用剤依存(TSA)はあまりにも皮疹が似すぎているため熟練の脱ステ医でしか見抜くことが出来ません。

脱ステ医というのも中々忙しいようで多くの患者を見るためにこれこれがこうだからあなたは依存だよと教えてはくれません。

TSAの特徴とアトピーとの違いはどういうものなのかまとめてみた。

 

Sponsored Link

 

まずはこちらを読むべし。基礎知識がないとなんのこっちゃってなっちゃうからね。

手首足首に明確に境界線がある

素人でもわかる明確な判断方法です。ステロイドをやめるあるいは依存が進んでTSAが強くなってきてステロイドの外用量が不足するとだんだんと病変が広がっていきます。

それは色んなバリエーションがありますが全身に広がり手の甲や足の甲で止まり手のひら、足の裏は犯されません。

もし今脱ステしているという人がいれば自分の手首、足首を見てください。足首がわかりやすいかな?明確に「綺麗な皮膚」と「アトピーのような皮膚」で分かれて境界線を作っていないでしょうか?

良くなってくるとアトピーのような皮膚ではなくて色素沈着が残って手首を境に日焼けしたような感じになることが多いです。

中々分かりやすい画像がないのですがこれとかこれとかわかりやすいかな?

もちろんこれ以外にもバリエーションはあるのでこれでないなら依存ではないというわけでもない。

 

ステロイドをぬっていなかった部位にも炎症が広がる

僕は当初脱ステを信じていなかったんだけどステロイドを塗っていなかった部位にも広がるというのを脱ステの経験者からよく聞いた。

僕は当時それってステロイドを止めたからそこの部位の痒みでひっかいて炎症が広がったんじゃないのかなと思っていた。

ところが色々調べていくうちに外用している部位とか生易しいレベルじゃなくて体全体に広がるようなものようなことをいうんだそうだ。

広がり方は色々バリエーションがある。一般的なものは顔→体→四肢。体→顔and四肢というのが多いみたい。

ただステロイドを外用している部位にも炎症が広がるというのはTSA以外にもある。病巣感染もそうだし自家感さ性皮膚炎という病気もある。

これ単独ではTSAであるとの判断は出来ないんだけどステロイドを止めた直後に徐々に炎症が広がる。

顔だけに塗っていたのに体や手や足にも広がるというのならその可能性は高い。特に塗っていなかった部位にも広がるというのは特に怪しい。

上にある手首の境界線と組み合わせて見るべし。

 

だんだんと炎症の再燃が早くなりステロイドが徐々に効かなくなっていく感覚がある

TSAというのは虫歯と同じような感じで小さいうちは気づくにくい。TSAが弱いうちはステロイドでコントロールも出来るし量を減らして離脱することも出来る。

自覚症状はある程度重くなってから出てくる。最も人間の感覚というのはあまりあてにならないのは僕がよく知っているのでこれは判断基準には乏しいかも。

これは色々と複雑で悪化因子に晒されて効かなくなってくると感じることもあるしステロイドによる接触性皮膚炎や黄色ブドウ球菌によるステロイド抵抗性というのもある。

大事なことなので2回言うけど人間の体感なんて本当にあてにならないので上のように感じている人は安易に脱ステせずにきちんと標準治療を受けてみて欲しい。

ただしステロイドを連用している場合(毎日塗ってるもしくはそれに近い頻度で塗っている)で炎症の再燃が短くなってきたあるいは上の効かなくなってくると組み合わさるとTSAの可能性がある。

連用というのはTSAを加速度的に進行させるからだ。僕がメール相談を受けた人で依存に陥っていたと思われる人の殆どがステロイド連用をしていた。

手のひら足の裏は綺麗なのに体全身に慢性の炎症がある

アトピー性皮膚炎は膝裏膝内に症状が強い。それをベースにして人によって+α(首や顔、肩が酷い等)がある。肘内、肘裏の炎症が必ずベースにあります。

一方でTSAは手のひら、足の裏は普通の人の皮膚と同じぐらい綺麗なのにそれ以外はほぼ体の全部分に慢性の炎症がある。

TSAはステロイド皮膚症と呼ばれるタイプも含む。これは脱ステしなくても見ればわかる。

標準治療で言うなら成人のアトピー性皮膚炎ですが。アトピーにしては肘内肘裏以外の炎症が強すぎるって事です。

見分ける特徴は脱ステしたときのむくみが最大の特徴。どうしてむくむのかというのは僕にはよく分かりません。

推測をするならステロイドは皮膚を萎縮させる作用がある。ステロイドによる皮膚の萎縮に対抗して皮膚は肥大化する。

そこでステロイドを止めると皮膚の肥大化だけが残るというような感じではないのかなぁと思ってます。

いずれにせよTSAの人が脱ステをしてリバウンドが起きるとぱんぱんに膨らみます。特に通常のアトピー性皮膚炎の悪化では考えられない全体の浮腫み、特に膝のむくみ、手や足のむくみが特徴です。

例えばノブコブさんという方のブログにあるこの写真なのですがこれは「足首」の写真です。パンパンに膨らんで足首の写真にはとても見えない。最初見たとき太ももだと思った。

これもむくみが酷いです。手もこんな感じになります。いずれにせよ脱ステするとパンパンにふくらみその後しぼんで乾燥が強くなっていきます。

 

脱ステしている人は何個かあてはまる点があったんじゃないかなと思います。

 - 脱ステ

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s
ステロイドのリバウンドっていつ収まるの?

  そろそろ脱ステについてのあれこれも書いていこうかなぁと。ちなみに僕 …

2016y02m01d_043432209
脱ステの経過を写真つきで解説する

割と標準治療に関しては書きつくしたこと感じがあるので脱ステについて書いていこうと …

b069890f90731349561d592714023be6_s
アトピーでステロイドを塗り続けるとステロイドを出さなくなりリバウンドを起こすは本当か?

ステロイドを塗り続けると腎臓がサボってステロイドを出さなくなるというような話を聞 …

5a164784772f1c646d22dd6b4c4a9b56_s
脱ステ後ステロイドを使用するかどうかの判断基準について書いてみる

今まで書いてなかったんだけどこれ結構深刻に悩んでいる人多いんじゃないかと思います …

2015y03m14d_122355944
それ本当にアトピー?実はそれアトピーじゃなくてカビだらけの皮膚かもしれない!

アトピーが難治化する一つの原因としてアトピーだけどアトピーじゃないというのパター …

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_s
アトピーって保湿塗ったほうがいいの?それとも脱保湿のほうがいいの?

  今日のテーマは保湿と脱保湿について。保湿したほうがいいという意見と …

7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_s
ステロイド依存の基礎知識について(僕のメモ帳のようなもの)

今現在僕が持っているステロイド依存の知識についてざーっと書いていきます。主に深谷 …

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
脱ステ中のアトピーのリバウンドの対処法と克服方法

今日はリバウンドの対処と克服方法について書いていこうかなーと思います。 脱ステの …

71f6869678a5104a4fe41b9c7670b70e_s
アトピーで減ステするなら内服ステロイドという選択肢もありかもしれない

  今日は内服のステロイドについてのアトピーの役割について書いて行きた …

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
脱ステを成功させる為に必要なたった一つの事

今日は久々に脱ステ関連の記事を書いてみようかなと思います。 標準治療はだいぶ情報 …